本を速く読む速読の方法とコツ

本を速く読む速読のコツや方法本を速く読めるのは得なことだと思います。

ただでさえ、読書している人が少ない中、読書している人が1冊読む間に、2冊、3冊と読んでいければ、2倍、3倍と学んでいくことができます。

それは、大きな力となることでしょう。

本を速く読むには、

  • 速く読まなければならない
  • 速く読みたい

という状況や意識を持つことです。

たっぷり読書する時間が持てる人より、忙しくて、読書する時間が少ししか確保できないという人の方が、読書のスピードは速くなります。

また、時間を計測することも、速く読むコツの一つです。

これだけの時間で読む

というのを決めて、時間を計測することで、読書する時間が短時間しか確保できないという状況を、自分でつくり上げることができます。

本を速く読むコツは、簡単なことです。

本を速く読むコツをまとめた私の読書の仕方はこちら

読書だけでなく、仕事でも作業でも、スピードを上げていくことは、脳の回転を速くすることにつながります。

それは、どんなことにも使える力となります。

ぜひ、試してみてください。

たったの60分で速読をマスターする方法とは?

スポンサーリンク

自分が物語に入り込んで熱中する形で読書をする

年齢  20代

どのようなジャンルの本を読むことが多いですか?

推理、サスペンス、ファンタジー、ジャンル問わず小説を中心に読んでいます。

現在の職業や年収やアピールポイント

現在は教育関係に勤めています。対人関係を円滑にする言葉、子ども達に必要なことを伝える力などは文章を読み解く上で身に付けられていったと思います。

タイトル

本を早く読み進める方法

私はジャンル問わず小説を多く読んでいます。

読もうと決めた日には長さにもよりますが、一冊は読み終わっていることがほとんどです。

小さいころから同年代に比べ、読むスピードは速かったと自負しています。

読んでも読んでも読みたい本が出てくるので、早く読むことは必要不可欠だったのです。

私は読む時には必ずリラックスできる状態、背もたれのある椅子に座ったり、寝っころがった体制などでテレビや音楽をつけず、周りに人がいない状態を作ります。

自分が物語に入り込む、熱中する形で読書をするようにしています。

読書は一日の楽しみと思って、やるべきことをすべて終えた後、寝る直前に時間を作ります。

こうすることで貴重な時間と思う意識が強まり、少しでも先を読みたい気持ちで、どんどん読み進めることができました。

また、楽しみの時間を少しでも長く作ろうと、ほかのことを素早くするようになっていました。

早く読むコツは頭の中で登場人物を適当にイメージすることです。

作り上げられた登場人物が、実際に行動している所をイメージすることで、内容の整理がしやすく、わからなくて読み直すということが減りました。

特に人物紹介や舞台と合った知り合いや俳優、漫画のキャラクターをイメージすると、かなり物語に入りやすく、内容も理解できてどんどん読み進めることが出来ました。

更に早く読むコツとしては、数をこなして読み慣れること、各章に付けられたサブタイトルがあればそれを意識することで、読むべきところがつかみやすくなりました。

作者が沢山の想いや知識を詰めた本を読むことは、それだけで自分の中の分野が広がることが多かったです。

他分野の興味への入り口になってくれました。

テーマにされていた内容が、普通の勉強ではつまらないものでも、小説で物語として表現されると引き込まれていきました。

そのおかげで国語力は確実に付き、受験等で困ることはなかったです。

読んだ分だけ語彙力をつけることができたので、人との会話で幅を持たせることができていると実感できています。

松下一生の無料メールマガジンの登録はこちら

自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料!

自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料!

読書におすすめの椅子はこちら

たったの60分で速読をマスターする方法

東京大学「天才脳の開発方法」とは?

マインドマップ資格試験勉強法とは?

無料レポート「毎月10冊以上の本を読んでいる読書家20人に聞いた効果的な本の読み方とは?」請求フォーム

登録するお名前は苗字やニックネームで結構です。

下記のフォームに記入して「請求する」ボタンをクリックしてください。

入力された個人情報は、有限会社千寿メールマガジンの 配信にのみに利用させていただきます。

それ以外の目的で使用することはございません。


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加