学生の時こそ自分の世界を広げるために本を読もう!

学生の時に本を読むメリット1冊の本で、大きく人生が変わることがあります。

しかし、そんなことは稀で、実際は読書することで小さな変化しか起きません。

  • 小さな変化

といいましたが、その小さな変化は、時間が経てば経つほど大きな変化になっていきます。

鉛筆で1本の直線をかきます。

途中から角度を1度ずらして線を書き始めます。

これが小さな変化です。

角度が1度変化しても、1センチ先は、今までの線と同じ位置に見えるでしょう。

しかし、これが10センチ、50センチ、1メートルとなってくると、その違いは大きなものになってきます。

さらに、10センチ進むごとに1度の変化をつけると、その変化は更に大きなものになるでしょう。

だからこそ、人生の早い段階で、読書をすることが重要になってきます。

そして、それを習慣化させることで、それまでの自分、そして周りの人とは、全く違った世界を見ることにつながります。

読書の習慣のある学生さんから貴重な体験談をいただきました。

今後が楽しみな学生さんです。

スポンサーリンク

読書で自分の人生のコアを作る

年齢  20代

どのようなジャンルの本を読むことが多いですか?

ビジネス書

現在の職業や年収やアピールポイントなどをお書きください。

学生で特に年収とかはありませんが、組織の運営や人生の選択に非常に役に立ちます。

学生のビジネス書を読むメリット

私は基本的にビジネス書を読むことが多いです。

二日で一冊のペースで読んでいます。

学生の段階でビジネス書を読むことは意味がないと考えてる人も多いですが、そんなことはありません。

学生の間に読むことで、様々な視点や、考えかたを持つことができます。

マネジメントの本やリーダシップの本は組織を動かすために学生でも確実に役に立ちます。

さらに、実践的なビジネス書に分類されるプレゼンの本などは読んでからすぐに役に立ちます。

本を読んでその内容をアウトプットする機会を作ることが本当に大切になります。

多くの人は何も考えずになんとなく本を読もうと思うのでモチベーションはまず上がりません。

モチベーションを上げるために自己啓発本を読みましょう。

自己啓発本を読むことは怪しいとか、嘘くさいとかいろいろ不安が残ると思いますが、まだ社会を知らない学生のうちに読むことで自分の人生に希望を持てます。

社会人になると現実を知り、自己啓発本なんて心から受け入れることができないと思います。

しかし、学生のうちならまだ無限の可能性を感じることができ素直に受け入れることができます。

それは自分の人生のコアを作ることにつながります。

自分の中のコアがしっかりしていれば、自分の言葉が意味のあるものになります。

こういう自分になるためには自分はどうなればいいのかと考えると不思議と今まで興味のなかったものが価値あるものに変化します。

こうなりたいから、自分はこういう進路で、こういう進路をとるためには、このような能力が必要であるということが分かれば確実に自分に必要な本が見つかります。

本を探すことで新しい知識に触れることができます。

そうなればまた自分の中の世界が広がります。

もし、自分が学生でまだ自分がどんな人間なのかわからないのであれば、確実に本を読むことを勧めます。自己啓発本は何冊も買ってすべてを読み、自分の中で最も心に響いた優秀なものをバイブルにして何度も読み返すことをお勧めします。

松下一生の無料メールマガジンの登録はこちら

自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料!

自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料!

読書におすすめの椅子はこちら

たったの60分で速読をマスターする方法

東京大学「天才脳の開発方法」とは?

マインドマップ資格試験勉強法とは?

無料レポート「毎月10冊以上の本を読んでいる読書家20人に聞いた効果的な本の読み方とは?」請求フォーム

登録するお名前は苗字やニックネームで結構です。

下記のフォームに記入して「請求する」ボタンをクリックしてください。

入力された個人情報は、有限会社千寿メールマガジンの 配信にのみに利用させていただきます。

それ以外の目的で使用することはございません。


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加