早起きできない人におすすめの方法とコツ

早起きできない人におすすめの方法とコツ早起きには、たくさんのメリットがあります。

  • 頭がスッキリしている
  • 疲れがとれている状態
  • 邪魔されるものが少ない
  • 満員電車に乗らなくていい

などなどたくさんあります。

この時間に、頭を使う仕事をすれば、集中力も高く、非常に効率的に仕事を進めることができます。

また、読書にも最適な時間です。

屋外の騒音も少なく、本の中の世界に入り込むことができます。

しかし、早起きは苦手な人が多く、いいとわかっていても実行出来る人が少ないでしょう。

朝、早く起きるためのコツは

  • 早く寝ること
  • 音ではなく光で目覚めること

です。

いつもより1時間早く起きるのであれば、1時間早く寝ることです。

寝る時刻が同じなのに、1時間早く起きてしまうと、1時間睡眠時間が短くなり、起きにくいですし、起きてもスッキリ感がなく、仕事もはかどりません。

しっかりとした睡眠時間を確保するためにも、早く寝ることが大切です。

起きるときには、目覚まし時計の音で起きようとする人が多いと思います。

しかし、それは、深い眠りに入っている時に、強制的に目覚めさせる事になります。

自然に目覚めるには、光を利用することです。

人は、日が沈んで暗くなれば眠り、明るくなると目覚めるようになっています。

起きるときに、明るくなると、自然の状態で目覚めることができます。

しかし、自分の起きたい時間に、日が出るわけではありません。

そこでおすすめなのが、起きたい時刻に目覚められるように、段々明るくなる目覚まし時計です。

光で気持ちのよい目覚めを約束する時計はこちら

これで、朝のゴールデンタイムを有効活用できますね。

スポンサーリンク

早起きをして読書する習慣

年齢  30代

どのようなジャンルの本を読むことが多いですか?

小説とビジネス書が多いです。

現在の職業や年収やアピールポイント

職業はフリーランスで年収は300万程度になります。

タイトル

効率的に読書する方法と読書のメリット

自分は子供の頃から読書が好きで、高校生や大学生の頃は1日1冊は読んでいました。

今はフリーランスで時間があるので本をよめる時間があるのは当たり前ですが、会社員で毎日残業・休日出勤などをこなしていた時でも1か月に10冊は必ず読んでいました。

読んでいる本は主に小説とビジネス書でした。

正直普通に読んでも、自分はかなり読書スピードが速かったので、普段は意識して早く読む事はありませんでした。

ただ、仕事の現場などでどうしても来週必要になる知識の本について、今週中に読んでおかなければいけない、などというシチュエーションの場合は速読の方法をとりました。

まず、全体を1~3分程度でさっと見ます。

読むよりもチラ見するイメージです。

次に目次をみます。

このようにして、目次と全体をチラ見した結果、重要そうだと思った箇所だけ読むようにします。

しかし、そこを読んだだけで分からない部分についてはその本の中の他のページを参照します。

このようにしてまず重要な部分だけをしっかり読み込みます。

この時、本の内容を理解する時に、脳の中で出来る限り本の内容を映像化して、イメージするようにしています。

例えば、管理職の心得みたいな本であれば、その心得の内容を実践している自分の上司をイメージしたりします。

このようなイメージが湧くというのは、理解しているという事の証明でもあり、また実際本の内容を暗記する際は、このイメージを使用するのが役に立ちます。

そして、その後その重要なページだけ1日100回は読むペースで熟読します。

先ほどのイメージを頭に湧かせながら読むようにします。

このように繰り返し熟読すると、1週間程でそのページの内容は完全に頭に叩き込む事が出来ます。

読書をする時間は基本的に通勤の電車内で読むようにしています。

自分は朝1時間半ほど早く会社に着くくらいの電車にのります。

そうすると、満員電車でも座って本が読めます。

また、1時間半前に会社についたら、近くのカフェで再度本を読むようにしています。

本を読む事で色々な生き方がある事を知り、会社員でない人生を送ってみたいと思うようになり、フリーランスになりました。

本を読むのは小説であれば他の人間が生きた人生を疑似体験できるというメリット、実用書であればそれこそ今日から使える知識が身に付くというメリットがあります。

いずれにしても本で学んだ知識を生かすためにはまず現実の生活で実践してみる事、それが一番大切な事だと思います。

松下一生の無料メールマガジンの登録はこちら

自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料!

自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料!

読書におすすめの椅子はこちら

たったの60分で速読をマスターする方法

東京大学「天才脳の開発方法」とは?

マインドマップ資格試験勉強法とは?

無料レポート「毎月10冊以上の本を読んでいる読書家20人に聞いた効果的な本の読み方とは?」請求フォーム

登録するお名前は苗字やニックネームで結構です。

下記のフォームに記入して「請求する」ボタンをクリックしてください。

入力された個人情報は、有限会社千寿メールマガジンの 配信にのみに利用させていただきます。

それ以外の目的で使用することはございません。


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加