アイデアや発想力やセンスは読書で経験値を増やして身に付ける

読書でアイデアや発想力の力をつけるアイデアや発想力、思考力、感性、センスというのは、その人の経験によって力がついてきます。

さまざまな経験を頭のなかに蓄積し、意識的にすることもありますが、ほとんどは無意識的に、その経験が判断基準となり、経験を掛けあわせることによって、アイデアが出てくることになります。

また、人間力といいますか、人間の深みも、どんな極端な経験、振れ幅の大きい経験をしてきたかで、出てくるものだと思います。

普通の人が経験することがないようなことを経験している人は、話を聞いていても面白いですし、引きこまれます。

そういう経験値を増やしてくれるものの一つとして、本があると思います。

自分は、経験していませんが、誰かが経験したものが本となり、それを読むことによって、自分の脳の中で同じ経験をすることができます。

中谷彰宏さんは、900冊以上もの本を出版しています。

それだけの本を出版するということは、頭のなかには、それの10倍以上もの経験がないとできないことでしょう。

実際、中谷彰宏さんは、年間1000冊以上もの本を読んでいて、映画は400本以上見ています。

中谷彰宏さんの読書日記

そこまではいかなくても、人間としての魅力を増やしたいのであれば、外見の服や髪型にお金を遣うことももちろん大切ですが、最も大切な髪が付いている頭のなかに、お金を使っていきたいですね。

今回も、勉強になる読書に関するご意見をいただきましたので、紹介いたします。

ぜひ、ご覧ください。

スポンサーリンク

脳を存分に働かせて、感性や人生を豊かにするための一番のアイテムが本

年齢  30代

どのようなジャンルの本を読むことが多いですか?

文学、哲学、SF・歴史小説、伝記、ミステリー、サスペンス、コミック

現在の職業や年収やアピールポイント

主婦兼パートタイマー、年収は200万円未満。結婚前の忙しい会社員時代の方が、少ない時間で集中して数多くの本を読んでいました。

タイトル

敬遠せずまずは手に取ることが大切

よく電車の中やお店の中で読書されている方がいますが、私は少しずつ読んでいくということが出来ない、というかしたくないタイプなので、一冊読み切れると判断できる程度の時間を確保して初めて本を読み始めます。

読み方も脳の作りも人それぞれなので他の方のことは分からないのですが、少し読んで時間をあけて続きから、というブツ切りの読み方では気分も高揚しないし、一冊の本として自分の中に染み込んでこないのです。

本に愛情があるからこそ、敬意を払ってという意味でも、邪魔されることのない自宅でちゃんと時間を作って、作品の世界にどっぷり浸かって楽しむという触れ合い方をしています。

なので私にとって本は、知識を得るためとか何かのためとか、他のプラスアルファを期待して手に取るものではなく、純粋に読む時間を楽しむためのツールであり、その結果として語彙や知識が後から自然に付いてくるというだけです。

なのでハウツー本や啓発本といった、あまりにも現実的で人間的でお金の匂いのするジャンルにはまったく食指が動きません。

作品世界に遊びに行って心ゆくまで堪能して、満足して帰ってくるというのが理想です。

読む時間が速くなるのも理解度を上げるのも、私は読書量に比例するとしか思えません。

本が好きでよく読む人でそのような悩みを抱えている人はいないので、手っ取り早い何かがあるということではなく、スムーズに読めるようになるにはひたすら量をこなすしかないと思います。

読み方がどうのこうのと言っている時間があればまず一冊読んでみたらという感じです。

わたしの周囲でも、読みたいけど読むのが遅いしなんとなく億劫だし…とか言っている人は、結局のところ読みたいという意欲が薄いので、読まずに済ませるための言い訳を作って終わっているだけなのです。

本は無限の可能性を持っています。

いまの自分を構成する思考力、発想力、想像力、語彙力、センス…ほぼその全てが、これまで読んできた無数の本から得た栄養をもとに作られていると言っていいと思います。

脳を存分に働かせて、感性や人生を豊かにするための一番のアイテムが本です。

ですが予めこういうことに活かしたいとか、こういうメリットを得たいとか考えてから読むことにあまり意味はないです。

ただ、自ら興味を持って手に取った本を読みきった後には必ず何かが残ります。

それこそがたとえすぐではなくても、人生の中で必ず活きる栄養になるのです。

松下一生の無料メールマガジンの登録はこちら

自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料!

自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料!

読書におすすめの椅子はこちら

たったの60分で速読をマスターする方法

東京大学「天才脳の開発方法」とは?

マインドマップ資格試験勉強法とは?

無料レポート「毎月10冊以上の本を読んでいる読書家20人に聞いた効果的な本の読み方とは?」請求フォーム

登録するお名前は苗字やニックネームで結構です。

下記のフォームに記入して「請求する」ボタンをクリックしてください。

入力された個人情報は、有限会社千寿メールマガジンの 配信にのみに利用させていただきます。

それ以外の目的で使用することはございません。

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加