電子書籍で読書するのをおすすめする理由

電子書籍リーダー本を読むための環境は大きく変わりました。

何百冊もの本を薄くて軽い電子書籍リーダー1つに収めて持ち歩くことができます。

おすすめの電子書籍リーダーはこちら

常に本を持ち歩き、少しでも隙間時間ができると、SNSをするのではなく、ゲームをするのでもなく、読書をすることができます。

この

  • 隙間時間に何をするのか?

で、人生は時間をかけて、大きく変わってきます。

さまざまな読書の仕方をお聞きしましたので、紹介いたします。

ぜひ、ご覧ください。

スポンサーリンク

読書は想像力がつきイメージの力は人を幸せにさせてくれます

年齢30代

どのようなジャンルの本を読むことが多いですか?

自己啓発やメンタル系、小説やエッセイ

現在の職業や年収やアピールポイント

職業は、福祉施設利用者 年収120万円 発達障害の当事者

タイトル

同時読書法

月に、20冊前後は読んでいます。

一般の人より、読む冊数は多いかも知れません。

他の人に言うと、 憧れられますし、すごいですね、と言われる事もあります。

でも、私自身、集中力はないですし、 読解力も少ないはず。

速読を習ってはいたけれど、挫折しています。

そんな私でも、20冊はいきます。

そこで、読書法たるものを、ご紹介したいと思います。

まず、書店に行く。

読みたい本は、基本的に書店で探します。

本との出会いは大切ですから。

そして、小説、エッセイ、自己啓発を、三つのジャンルから選びます。

その三冊を、同時に読み始めます。

私は、朝、家でエッセイを読んで、通勤時に自己啓発を読みます。

夜に、家で小説を読んでいます。

  • 朝は、軽い文体もの。
  • 通勤には、勉強もの。
  • 夜は、非日常を味わえるもの

を選んでいます。

例えば、本は重いとか、買うのか高いとか、読まない言い訳をする人がいますが、 図書館は無料で借りられますし、電子書籍は重くなく、また端末が文庫サイズなので、扱いやすいです。

以上が、私の読書スタイルです。

でも、どんなスタイルでも、楽しんで読んでいるか、どうかがキーポイントです。

読書家の読書スタイルを真似しても、楽しくないと、つまらないもの。

そこで、もう一つ、ご提案させてください。

もしかして、最初から最後まで読むことをしていませんか?

一字一字、丁寧に読もうとしていませんか?

専門書や、自己啓発は自分の欲しいものだけを読めばいいと思います。

また、エッセイは軽い内容が多いです。

少し早めに目を進めても、内容はつかめるはず。

試しに、立ち読みで訓練してみて下さい。

最後に、

  1. 三冊同時に読む
  2. 好きな箇所だけを読む
  3. 早めに読み進めていく

三つの読書法をご提案しました。

私は、もう10年以上、この方法なので、 違和感がありません。

読書は、読むのか、読まないのか、二つしかありません。

漫画でも、ライトノベルでも、電子書籍でも、パソコンでも読書にも色々あります。

まずは、本と向き合ってみましょう。

読書は想像力がつきます。

イメージの力は人を幸せにさせてくれます。

一人でも多く、読書で、楽しみを感じて頂けたらと思います。

松下一生の無料メールマガジンの登録はこちら

自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料!

自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料!

読書におすすめの椅子はこちら

たったの60分で速読をマスターする方法

東京大学「天才脳の開発方法」とは?

マインドマップ資格試験勉強法とは?

無料レポート「毎月10冊以上の本を読んでいる読書家20人に聞いた効果的な本の読み方とは?」請求フォーム

登録するお名前は苗字やニックネームで結構です。

下記のフォームに記入して「請求する」ボタンをクリックしてください。

入力された個人情報は、有限会社千寿メールマガジンの 配信にのみに利用させていただきます。

それ以外の目的で使用することはございません。


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加