お金がない!から解放されるには?金持ち父さん貧乏父さんから学んだお金の基礎

お金のことを勉強するのに絶対読んでおきたい本といえば、ロバート・キヨサキの

金持ち父さん貧乏父さん

でしょう。

金持ち父さん貧乏父さん

去年の11月に改訂版が出され、私も購入して読みました。

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学

2000年の11月に日本で販売されて、長い期間読み続けられてきた本です。

私も、初めて読んだのが2001年だったと思います。

そのときに、私は、大きな衝撃を受けたのを覚えています。

  • 自分の住んでいる家は資産ではない
  • 資産と負債の違い
  • 会社の役割
  • 金持ちが不動産を買う理由

などなど、今までのお金の常識を覆すものであり、今思うとこの本で、お金の基礎や考え方をしっかりと学べたような気がします。

  • お金持ちの人はどのような考え方をして行動しているのか?
  • 貧乏な人はどのような考え方をして行動しているのか?

おそらく、ほとんどの人が、貧乏な人の考え方や行動をとっています。

別に貧乏なままでいいと思っているのであれば、この本は読む必要はないと思います。

しかし、もし、お金のことで悩んでいたり、お金に困らないようにしたいと思っていたりしたら、この本を読むことをおすすめします。

それでは、金持ち父さん貧乏父さんから学んだことを少しまとめて紹介いたします。

スポンサーリンク

金持ち父さんの6つの教え

金持ち父さんは、お金持ちの考え方や行動を大きく6つ紹介しています。

それが

  1. 金持ちはお金のためには働かない
  2. お金の流れの読み方を学ぶ
  3. 自分のビジネスを持つ
  4. 会社を作って節税する
  5. 金持ちはお金を作り出す
  6. お金のためではなく学ぶために働く

です。

これが、お金持ちの人の秘密の大部分といっていいでしょう。

資産は私のポケットにお金を入れてくれる

資産と聞いてどのようなものを思い浮かべるでしょうか?

車や土地や家や株や金など、その人によって資産といえるものは違ってくると思います。

ここで知っておいたほうがいいことがあります。

それは

金持ちは資産を手に入れる

中流以下の人は負債を手に入れて資産だと思い込む

ということです。

金持ち父さんのいう資産とは、

  • 自分のポケットにお金を入れてくれるもの

です。

資産は、そこからお金を生み出してくれるものをいいます。

車は資産でしょうか?

自分がただ乗っている車は資産にはならないでしょう。

税金はかかりますし、保険料はかかりますし、そこからお金は生まれることはありません。

こういうお金を生み出さずに、自分のポケットからお金を奪っていくものは、金持ち父さんは負債といっています。

しかし、車が全て負債かというとそうではありません。

これをレンタカーとして貸し出せば、お金を生み出す資産となります。

家も、自分が住んでいるだけなら、固定資産税や修繕費や火災保険料などお金を奪うだけで、お金を生み出すものではありません。

つまり、持ち家は負債となります。

しかし、これを貸し出して家賃を受け取れば、資産となります。

モノの種類によって資産かどうかが決まるのではなく、重要なのは、そこから

  • お金を生み出すものなのか?
  • お金を奪うものなのか?

ということです。

お金を生み出す資産にも注意が必要

資産の中でも、太陽光発電システムや、アパートやマンションなどの賃貸用の不動産は、銀行から借り入れを行うことで、自分のお金を使うことなく、たくさんのお金を、毎月自分のポケットに入れてくれます。

頭金ゼロで不動産を増やしていくノウハウはこちらが有名です。

頭金「ゼロ」でできる、『光速』収益不動産投資成功法

例えば、太陽光発電システムであれば、今、頭金なしで全額借り入れを行うことが容易になっています。

10Kwの発電システムを設置するのに300万円かかったとします。

15年の借り入れができますので、2%の金利で300万円借りるとすると、毎月の返済が約1万9000円ほどです。

場所や方角にもよりますが、毎月発電から得られるお金が4万円だとすれば、差額の2万1000円を自分のポケットに入れてくれる資産が出来上がります。

しかも、自分が1円も使わずに、毎月2万1000円の収入を手に入れることができたわけです。

太陽光発電をするならこちらの無料小冊子を読んでみてください。

無料小冊子の詳細を見てみる»
これが

金持ちはお金を作り出す

ということの一つです。

我が家では、5月に長男が産まれました。

すると、周りの人から、学資保険をすすめられます。

しかし、この学資保険は利回りは1%に満たないものです。

ときどき私のポケットにお金を入れてくれますので、資産といえるのかもしれません。

もし、インフレ率が1%を越えれば、逆に、このお金は名目上は増えていても、実質は減ってしまうものになります。

つまり、インフレ率を越えられない資産は、資産とはいえず、逆に負債といってもいいでしょう。

これは

中流以下の人は負債を買って資産だと思い込む

の一つといってもいいかもしれませんね。

このように、お金を生み出してくれる資産の中にも、

  • 自分のお金を使わずに大きなお金を生み出してくれる資産

  • 自分のお金を使っても小さなお金しか生み出さない資産と思えるような負債

もありますので、注意が必要です。

この資産と負債の違いがわかったら、あとすることは

収入を生む資産を買うことだけに集中する

ことです。

そんなに難しいことではないことがわかります。

そして、これが一番大切なことです。

金持ち父さんの6つの教えの1番2番5番6番は、大まかにこのようなことが書かれています。

この

  • 資産と負債の違いを知り、収入を生む資産を買うことに集中する

だけで、お金に不自由しない生活を手に入れることができるようになると思います。

つまり、サラリーマンでも、このようなことは可能なことです。

3番と4番はこれらのスピードを上げるものです。

お金に不自由しない生活を、サラリーマンでも、時間がかかるかもしれませんが、可能なことがわかります。

もし、これに、3番と4番の、自分のビジネスを立ち上げ、会社を使って節税することができれば、そのスピードは、格段にアップすることになります。

そして、資産から生まれる収入が、生活費などの支出を上回ると、仕事を失ってもお金を失うことがなくなります。

さらに資産から生まれる収入が支出を大きく上回ると、その余ったお金で、収入を生む資産を買うことができ

資産が資産を買い金持ちがさらに金持ちになる

という状態になるのです。

逆に、負債ばかり買っている人は、その負債から生まれる支出を埋めるために、さらに一生懸命働き続けることになります。

これが、金持ち父さんと貧乏父さんの違いです。

この本から学べることは本当にたくさんあり、しかも、不変的な重要なことばかりです。

ぜひ、読んでみてくださいね。

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加