成功者の特徴とそうでない人の特徴 挫折を乗り越えた人だけが口癖にする言葉 千田琢哉

あなたはどちらの人になりたいですか?

社会的に成功している人と、そうでない人の行動の違いです。

千田琢哉さんの本挫折を乗り越えた人だけが口癖にする言葉にこのような言葉がありました。

千田琢哉さんの本についてのブログはこちら

キレる側がいつも下っ端で、キレられる側が社会的地位の高い人。

助けられている側が怒鳴っていて、助けている側が怒鳴られている。

助けられている側が威張っていて、助けている側が頭を下げている。

与えられている側が文句を言っていて、与えている側が文句を言われている。

これが世の中の縮図。

どちらのような人になりたいか?

そのためには、どのような行動をしなければいけない?

というのがわかります。

また、そのような行動をとると、どちら側の人になるのかもわかります。

社会的地位の高い人というのは、人に指示をしたり、何かを提供したりしています。

しかし、それは、全ての人に満足できるようにはできません。

満足できない人、つまり、その下の人がキレます。

すぐにキレる人に、ついていく人はいませんので、社会的地位は低いままです。

また、社会的地位の高い人は、相手にキレられても、自分がキレることはないでしょう。

だからこそ、高い地位についているのだと思います。

助けている人は、仕事であったり、社会活動であったりしますが、このような人は、人を助けるために、何かを行動やサービスで与えている人です。

しかし、これも、全ての人が満足してくれるわけではありません。

そういう人に、怒鳴られたり、威張られたり、文句を言われたりしています。

しかし、怒鳴ったり、威張ったり、文句を言ったりすることはないでしょう。

このようなことは、いたるところで見ることができます。

また、自分も経験していることです。

もし、自分がキレていたら、自分は社会的地位が低い人なんだと思うことです。

もし、自分が怒鳴っていたり、威張っていたら、自分は助けられているんだと思うことです。

もし、自分が文句を言っていたら、自分は与えられているんだと思うことです。

そして、相手に感謝することが大切でしょう。

そうすれば、助ける方、与える方、社会的地位の高い方へ変わっていくのではないでしょうか?

おすすめの本ですよ。

挫折を乗り越えた人だけが口癖にする言葉


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加