徹夜をする時に作業や仕事を避ける必要がある時間帯とは?

徹夜をする時に作業や仕事を避ける必要がある時間帯とは?徹夜するときの、起床から22時間後の時間帯の作業は避けましょう。

睡眠は大切ですが、どうしても徹夜で仕事をしたり、運転をしたりしないといけないことがあるでしょう。

そんな徹夜の時に、仕事や運転を避けたい時間帯があります。

それは、起きてから22時間後の時間帯です。

もし徹夜をする時に、朝6時に起きていたら、午前4時頃です。

スポンサーリンク

事故やミスが多く発生する時間帯

起床から22時間後は、深部体温が最も低くなります。

体温が下がる時というのは眠くなる時で、深部体温が最も下がるときは、眠気も最高潮となります。

そのため、その時間帯に、事故や仕事のミスが多くなる実験の結果も出ています。

また、昼の2時頃も、事故やミスの多い時間帯です。

これは、前のブログで書いた

ということからもわかるように、

  • 眠気と、事故やミスには大きな関係がある

といえるでしょう。

脳を休めながら仕事をする

眠気を解消するには、眠るのが一番でしょうが、それができない時には、目を閉じるようにしましょう。

目から入ってくる情報というのは、非常に大きくて、脳が活発に働くことになります。

目を閉じて、目から入ってくる情報をシャットアウトすることで、脳を休めることができます。

徹夜するときも、1時間から2時間作業したら、5分でもいいので、目を閉じるようにすることで、少しは脳を休められます。

また、起床後22時間後の時間帯は、ミスが多くなるので、できるだけ作業をするのを避け、休むほうがいいでしょう。

一番いいのは徹夜をしないこと

徹夜は、作業効率が悪いです。

できるだけ避けるように仕事の段取りをすることが大切ですね。

夜の時間に起きていることは、健康にも大きな被害があります。

もし、どうしてもしなければいけない時には、時々脳を休めて、いい状態で仕事をできるようにすることが大切ですね。

松下一生の無料メールマガジンの登録はこちら

目覚め快適!最先端プレミアム光目覚まし時計inti


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加