ストレスで脳を萎縮させない!ショックな出来事が起こったときに心の傷を少なくする方法とは?

同じショックな出来事があっても、心に深い傷を負う人と、そうでない人がいます。

その違いは、どういう原因で起こるのでしょうか?

それは、

  • そのショックな出来事の責任は誰なのか?

ということです。

スポンサーリンク

自分の責任だと思う人

自分の責任だと思う人は、解決できる方法が見つかります。

自分のことですので、コントロールもできます。

解決する方法が見つかれば、もうその傷は癒やされていくことになります。

自分には責任がない

自分には責任がないと思う人は、解決できる方法が見つかりません。

自分以外はコントロール出来ないからです。

そして、誰かをずっと責め続けることになります。

その誰かをコントロールすることはできませんので、いつまでもその出来事に囚われ続ける事になります。

自分には責任がないのに、自分だけがひどい目に合ったという

  • 永遠の被害者

になっていくでしょう。

ストレスで脳が萎縮する

ストレスによって、脳が萎縮することがわかっています。

どちらの人が、脳が萎縮していきやすいかは、明白です。

脳は何歳になっても進化する

その脳ですが、何歳になっても環境に応じて、変化することがわかっています。

以前は、脳の神経細胞は減る一方で、増えることはないといわれていました。

しかし最近では、増えることがわかっています。

脳を健康な状態に保つ

そんな可能性のある脳ですので、常に健康な状態に保っておくことが大切です。

脳が不健康な状態が続いていれば、ストレスを感じたときとおなじように萎縮して、環境に対応するように変化することもできなくなるでしょう。

脳を健康に保つには、有酸素運動が有効だということがわかっています。

有酸素運動をしっかりとして、脳の健康を保ち、自分をコントロールすることでストレスを減らしていくことが大切ですね。

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加