お店や会社の経営者が情報発信をすることでお客様が集まる

お店や会社の経営者が情報発信をすることでお客様が集まる100習ったことを1教えるのが本物の先生です。

誰もが、簡単に、しかも無料で情報発信ができる時代になっています。

しかも、テレビに匹敵するような影響を、個人でももたらすことができるようになってきています。

もし、お店や会社を経営しているのであれば、情報発信をしていくことが重要です。

お店や会社にサービスを受けに来たり、商品を買いに来たりするお客様は、先にさまざまな情報を調べてから購入するようになっています。

その時に、

  • ただ商品のスペックや概要を説明をしているところ
  • その商品の使い方や楽しみ方などの役立つ情報を発信しているところ

があるとすれば、価格が多少高くても、後者のお店を選んで行くことになるでしょう。

もちろん、買うものがすでに決まっていて、ただネットで安く買いたいというお客様はそうではないかもしれません。

スポンサーリンク

先生と思うような人のところにお金を払う

人は、先生と呼ばれるような、役立つ情報を教えてくれる人のところに集まります。

おそらくあなたも、なにか困ったことがあれば、先生というところへお金を払って、商品を買ったりサービスを受けたりすることでしょう。

お店や会社を経営しているのであれば、

  • 自分はあなたの役立つ情報を知っています

ということを、お客様になりそうな人へ、伝えないといけません。

その伝える手段として、おすすめなのが、ネットでのブログやSNSやユーチューブなどです。

無料で、多くの人に、自分の言いたいことを伝えることができます。

先生と思われるような情報発信をする

しかし、その時に、先生と思われるような情報発信をしないといけません。

先生と思われるようにするには?

それは、同業他社とは圧倒的な差の知識の量を持つことです。

1習って1教えるところには、誰も先生とは思いません。

先日、私に、

「不動産賃貸のコンサルティングをするから、お金をください」

という方がいました。

私は、断りました。

明らかに、私より、知識が少ないですし、勉強もしていない方です。

とても、コンサルティングをして欲しい先生、とは思いませんでした。

知識の深さを持っている人

100習って1教えるくらいの知識の深さを持っている人を先生と思います。

自分の持っている知識を、なかなかアウトプットすることができない、という人は、インプットしている情報量が足りていないだけです。

インプットの量とスピードを向上させることが、質の良いアウトプットをすることにつながりますね。

松下一生の無料メールマガジンの登録はこちら

大富豪の仕事術とは?

生産的な活動をするための時間術とは?

マインドマップ資格試験勉強法とは?


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加