体を歪ませないために治したい7つのクセ

先日、こちらの本

を読んでいたら、体を歪ませないための治したいクセが7つ紹介されていました。

体の歪みによって、さまざまな痛みや不調が引き起こされます。

自分でもたくさん思い当たるものがありましたので、紹介しながら解説していきます。

スポンサーリンク

1.片足に体重をかけて立つ

体を歪ませないために治したい7つのクセ無意識のうちにやってしまうことですので、仕方がないことです。

しかし、意識しておくことで、片足に体重をかけて立っている時に気が付きます。

気がついたら、真っ直ぐ立つために、

  • 一度つま先立ちをして、そのまま踵を下ろす

と真っ直ぐ立てます。

2.足を組む

無意識のうちに、常に同じ脚を組んでいるとおもいます。

交互に組み直すこともいいかもしれませんが、一番いいのは組まないこと。

両足を下におろし、足が膝より前に出ると、骨盤が後傾して腰が丸くなってしまいますので、足を膝より後ろにして座るようにしましょう。

3.スマホを長時間使用する

スマホを使用すること自体は問題ではなく、その姿勢が問題になってきます。

スマホを使用するときは、ほとんどの方が下を向いて、頭の位置が体より前に出ている状態になっています。

この姿勢は、首や肩、背中に最も負担のかかる姿勢となります。

スマホの長時間使用は、首の湾曲が少なくなるストレートネックの原因の一つといわれています。

できれば、

  • 目の高さにスマホを上げて下を向かなくていい姿勢

で使いましょう。

4.同じ手でカバンを持つ

意識をしていないと、殆どの場合は、利き手だけでカバンを持ち続けてしまうでしょう。

そのため、片方に引っ張られる形となり、それを修正するために、片側の筋肉に負担がかかるようになります。

それが続くことによって、体は歪んでくることになります。

  • 時々反対の手で持ったり、リュックなどを利用

するといいでしょう。

5.ノートパソコンを長時間使用する

これも、スマホと同じような理由から、首や肩などに負担がかかったり、ストレートネックを引き起こしたりします。

できれば、

  • 目線の高さになるように、椅子の高さを調整
  • デスクトップパソコンを使用

して、対応していきましょう。

6.腰が丸まった状態で長時間座る

腰痛の人の特徴の一つとして、

  • 椅子にずり落ちたような形で、骨盤が後傾した座り方をする

というのがあります。

仙骨部分が椅子に当たることから、仙骨座りともいわれていますが、この座り方では、腰のS字のカーブを維持することができず、腰に大きな負担がかかります。

一見、楽して座っているように見えますが、腰は悲鳴を上げている状態です。

それを長時間続けると、腰痛になって当然でしょう。

  • 骨盤の一番下の坐骨部分が当たるようにして座り、腰のS字の湾曲を維持して座る

ようにしましょう。

7.柔らかすぎるベッド

寝る時の姿勢は、真っすぐ立った時のような、S字になるような形が理想だといわれています。

しかし、柔らかい沈み込むようなマットの上に寝てしまうと、重い腰の部分が沈んでしまい、腰のS字が無くなってしまいます。

寝ている間に寝返りを打って、体の歪みを無意識のうちに自分で矯正しています。

しかし、柔らかい敷布団ですと、寝返りをうつことができず、体の歪みが矯正できなくて、蓄積していくことになります。

できるだけ、

  • 体の重みを支えられる、固めのマットを選ぶ

ようにしましょう。

体を歪ませないことは無理

このように、体の歪みを作らないようにすることは、さまざまなことに注意しないといけません。

細かいことを言い出すと、とうてい無理でしょう。

このように、

  • どうやったら体が歪まないか?

ということも大切ですが、

  • 骨というのは、毎日少しずつずれてくるもの

と割りきって、

  • いかに早く元に戻すか?

ということが大切です。

体や筋肉が疲れていると、歪んだ体を元に戻す治癒力も落ちてきます。

月に1回は、松下整体で、体のメンテナンスをするといいでしょう。

松下一生の無料メールマガジンの登録はこちら

おすすめの自然と姿勢が良くなる椅子はこちら


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加