ボディビルダー外科医浅見尚規のインテリジェントマッスルトレーニングを見ての感想

筋腹にウエイトが乗っているか確認してからトレーニングすることが重要です。

体を解剖し、実際に筋肉を見たことがある人がいます。

それが、外科医の先生です。

その外科医で、ボディビルダーの浅見尚規さんのDVD、

  • インテリジェントマッスルトレーニング

を見ました。

ボディビルダー外科医浅見尚規のインテリジェントマッスルトレーニングを見ての感想

スポンサーリンク

筋肉を大きくする

ウエイトトレーニングをするときは、基本的なフォームがあります。

しかし、その基本的なフォームをやっていたら、筋肉が効率よくついていくか?

といえば、そうではありません。

もし、そうであれば、筋肉をつけることに苦労はしません。

筋肉は、しっかりと刺激を受けて、栄養を取ることで、次はその刺激に耐えられるように、大きくなっていきます。

もし、刺激が得られなければ、体は、大きくなる必要性を感じませんので、大きくなることはありません。

筋肉を大きくするための刺激を与えるには?

では、筋肉にしっかりと刺激を与えて、大きくするにはどうすればいいのでしょうか?

それは、筋肉の筋腹にウエイトを乗せて、トレーニングすることです。

ウエイトを持った時に、トレーニングしたい筋肉の中心の筋腹に、ウエイトがしっかりと乗った感覚を持ってからトレーニングを始めます。

その筋腹にウエイトをのせるためには、ウエイトを持った時に、

  • 肘の角度
  • グリップの仕方
  • グリップの幅
  • バーのグリップの位置
  • ウエイトをコントロールする指

などを調整し、

  • トレーニングする筋肉にウエイトが乗っている状態
  • ストレッチされている状態

を感じてから、その状態を維持したまま、ウエイトをコントロールすることが大切です。

重い重量でトレーニングしても筋肉が大きくならない人

重すぎるウエイトは、その状態を維持することができず、関節に過度な負担がかかって怪我のもととなります。

逆に、しっかりと筋肉の筋腹にウエイトを乗せて、コントロールできるウエイトでトレーニングできれば、筋肉にしっかりと刺激が入ります。

もし、

  • 重い重量を扱ってトレーニングしているのに、筋肉が大きくならない
  • これから、ウエイトトレーニングを初めてみようと思っている

という方は、ぜひ、ご覧ください。

筋肉を大きくする理論や食事の方法を知りたい方はこちらもご覧ください。

松下一生の無料メールマガジンの登録はこちら

筋トレ初心者が筋肉を大きくするトレーニングと食事の無料メール講座

理想の体型を作るトレーニング方法とは?

業界最安値のおすすめのプロテインはこちら

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加