目標や理想を持つことでそのギャップを埋めるために自然と考えるようになる!

考えるということをするためには、必要性を感じる必要があります。

頭は使えば使うほど、良くなっていきます。

頭を使うとは、考えるということです。

ただ記憶するだけでなく、その記憶した知識を使っていくことが、考えることになります。

スポンサーリンク

考えるということをするためには

何かが必要と感じなければ、頭は考えることをしなくなります。

現状に満足していれば、それ以上考える必要がないので、頭を使う必要がありません。

頭を使って考えなくても、満足している現状のままでいられるからです。

ではどうすれば

  • 何かが必要

と感じることができるのでしょうか?

理想や目標とのギャップ

それは理想や目標をしっかりと持つことです。

理想や目標を持つことによって、現状とのギャップから、

  • 何が足りなくて
  • 何が必要なのか

を考えるようになります。

考えて行動しないとギャップは埋まらない

例えば現在月収30万円で、目標が倍の月収60万円だとすると、

「そうなるためには何が足りなくて、何が必要なのか?」

というのを考えるようになります。

  • 時間を効率よく使う方法
  • 人を上手に使う方法
  • 他の収入源を得る方法
  • 新規のお客様を獲得する方法
  • 上手なセールスの方法

考えるようになります。

相手は何を欲しているのか?を考える

現状は夫婦の関係がうまくいっていくて、それを良い関係に改善していきたいと思っているのであれば、

  • 相手は何を欲しているのか?
  • それを満たすためには何をする必要があるのか?
  • 相手を喜ばせるにはどうすればいいのか?
  • そのためにはどんな言葉をかければいいのか?
  • どんな方法で、サプライズのプレゼントをすればいいのか?

などを考えるようになります。

頭をドンドン使おう!

目標や理想を持つことによって、このように頭を使って、考えることができるようになります。

頭に問題を与えれば、自然と答えを考えるようになります。

その問題を与えるきっかけとなるのが、目標や理想とのギャップです。

頭は使えば使うほど、良くなっていくものです

そのためにも理想や目標をしっかり持ち、必要性を感じて、そのギャップを埋めるには、どのような方法をとればいいのかを考えていくことですね。


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加