時間がないというのは嘘です!やりたいことの時間が確保できる時間の考え方とは?

何に価値を置きたいのか?を明確にすることです。

できる人は

  • 時間があるかどうかにかかわらず、忙しくても読書や情報収集などのインプットの時間を確保

しています。

逆に、デキない人は、時間があっても、読書や情報収集をしないでしょう。

スポンサーリンク

誰もが忙しい毎日をおくっている

時間がないというのは嘘です!やりたいことの時間が確保できる時間の考え方とは?デキる人が、忙しくて時間がなくても、読書の時間が確保できているのは、

  • 読書の時間の優先順位が高い

からです。

誰もが、1日24時間の時間があり、何かしらの活動をしています。

ある意味、誰もが忙しいのです。

その忙しい中で、何に価値を置いて優先するかが問題です。

優先順位の高い時間を決めている

もし、仕事が忙しかったとしても、仕事より読書の時間の優先順位が高ければ、仕事を置いてでも読書をします。

ほとんどの人は、睡眠や食事の時間の優先順位が高いために、他の時間を犠牲にしてでも、食事や睡眠の時間を確保しています。

もし、健康に高い価値を置いている人は

  • 野菜中心のゆったりとした食事をするための時間
  • 運動をする時間

を優先順位の高い時間として確保していることでしょう。

何に価値を置いているかで優先順位が決まる

どんな時間を確保するかは、何に価値を置いているかによって決まってきます。

家族に価値を置きたいなら、仕事を定時に切り上げて、家族の時間を確保するでしょう。

趣味に価値を置きたいのであれば、食事や睡眠の時間を削ってでも、趣味の時間を確保するでしょう。

  • 自分は何に価値をおきたいのか?

というのをしっかりと考えて明確にし、優先順位をつけることで、自分の価値にあった時間管理ができますね。

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加