睡眠時間削ってない?人生を豊かにする時間を確保するために体のための時間を削らない

睡眠時間削ってない?人生を豊かにする時間を確保するために体のための時間を削らない

健康管理の時間をしっかりと確保することで、時間を生み出すことができます。

スポンサーリンク

3種類の時間の使い方

時間の使い方には大体3種類あります。

  • 睡眠や食事、運動、お風呂などの体のための時間
  • 仕事やお付き合い、生活のための拘束される時間
  • 楽しいことや趣味、勉強などの人生を豊かにするための時間

です。

この3つをどのように振り分けるかが、時間管理です。

拘束される時間を削る

多くの人が、人生を豊かにするための時間を増やしたいと思っています。

この時間を増やすために削る時間は、

  • 拘束される時間

です。

  • 体の時間

を削る人もいます。

しかし、この時間は削っても、削った時間以上に時間をロスすることになります。

睡眠時間を削ると・・・

睡眠時間を削ってしまうと、疲労が取れずに病気になり、入院することになります。

それで失う時間は長い時間になります。

もし、早く亡くなってしまえば、その後生きていたであろう長い時間を失うことになります。

お風呂の時間を削ると・・・

お風呂の時間を削って、シャワーだけにしたり、シャワーも浴びない状態になると、深い睡眠をとるために必要な、睡眠前の深部体温の上昇を得られません。

睡眠が浅く質の悪いものとなります。

睡眠の質が悪いと、長い時間眠ることになり、結局その分時間を失います。

病気になる可能性も高まるでしょう。

運動する時間を削ると・・・

運動する時間がもったいないからと、運動の時間を削ると、運動不足で病気のリスクが高まります。

うつ病のリスクも高まると言われています。

食事の時間を削ると・・・

食事の時間も抜いてしまうと、健康を害するようになります。

痩せることばかりが注目されていますが、痩せすぎると寿命が縮まります。

食べに行く時間を削ろうと、ファストフードばかりになると、栄養不足や肥満になって、生活習慣病の可能性も出てきます。

時間を生み出すために健康管理をする

時間を失う大きなものの一つに、病気があります。

動けなくなってしまったり、早く寿命を迎えてしまったりしては、大きな時間を失ったということです。

体の時間をしっかりと確保して健康管理をすることで、時間を生み出すことになります。

人生を豊かにするための時間を確保するためにも、体のための時間を削らないようにしましょう。

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加