トイレの便器にポタポタと水が落ちる時の原因は?初めてボールタップを自分で交換しました!

愛南町で人気の

の入居者さんから、電話がありました。

「トイレの水がチョロチョロと出て止まらなくなっている」

という内容でした。

スポンサーリンク

考えられる原因はゴムタンク

以前にも、そのような内容の電話を、いくつかのお部屋からいただいていましたので、原因は予想できました。

そのようなとき考えられるのは、トイレのタンク内にある栓となるゴムの劣化です。

栓のゴムが劣化すると、しっかりと栓ができず、隙間から水が入り込み、チョロチョロと水が流れ出ていくようになります。

もう一つはボールタップ

そしてもう一つ考えられるのが、ボールタップです。

タンクの中に浮きがあり、水が溜まってくるとその浮きが持ち上がって、水が止まるようになります。

それが古くなると、浮きが持ち上がっても完全に水が止まらず、ポタポタと水が出るようになります。

そうするとオーバーフロー管から水が入り込んで、便器に水が流れ出るようになります。

その2つの原因が考えられました。

ホームセンターで購入

何度も入居者さんのお部屋と、ホームセンターを行き来するのは時間がもったいないので、度のトイレにも合うような、マルチタイプのタンクゴムとマルチボールタップの2つを購入して、お部屋に行きました。

行ってみると、やはり水がポタポタと便器に落ちていました。

まずはタンクゴムを交換

まずは、タンクゴムを交換します。

タンクゴムを触ると、手が黒く汚れます。

古くなっている証拠です。

交換はかんたんで、1分もあればできます。

新しいタンクゴムに交換して、水を流してみました。

初めてのボールタップの交換

見事に水が止まったかと思うと、少し時間が経つと水が落ちてきます。

こうなると、ボールタップが原因のことがほとんどです。

ボールタップの交換はいつも業者さんにお願いしていたのですが、自分でやってみることにしました。

やってみるとものすごく簡単で、手順が書かれた紙を見ながらでも20分ほどです。

必要な工具は

  • マイナスドラーバー
  • プラスドライバー
  • スパナ

だけです。

地元なら自分でやってもいい

おそらく次にやってみると、やり方が分かっていますので、10分もあればできるでしょう。

おかげで材料費のみでできました。

遠くの物件なら業者さんにお願いする必要があるでしょうが、地元なら自分でやってみるのもいいかもしれませんね。

松下一生の無料メールマガジンの登録はこちら

松山の一人暮らしにおすすめの1Kマンションはこちら

松山のペット可のおすすめの3DKマンションはこちら

宇和島ペット可の一戸建て賃貸はこちら

愛南町のおすすめのワンルームはこちら

愛南町の人気おすすめ1DKマンションはこちら

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加