筋トレで糖尿病を防ごう

糖尿病インスリン感受性の低下や、その結果起こる糖尿病発病に対して、筋トレは効果的な予防策となります。

日本国内の糖尿病患者は1000万人、予備軍をあわせると2000万人といわれています。

多くの人が糖尿病にかかっているわけですが、その糖尿病になる要因の一つに、インスリン抵抗性があります。

血糖値が上昇し、その血中の糖をインスリンを分泌して、そのほとんどを筋肉に取り込むようになっています。

しかし、それがうまく取り込めないようになり、血液中に多くの糖が残るのがインスリン抵抗性です。

その糖尿病の要因のひとつといわれるインスリン抵抗性ですが、原因は内臓脂肪の蓄積といわれています。

スポンサーリンク

糖尿病の悪い循環

脂肪は、ただエネルギーを蓄えているだけでなく、筋肉や肝臓が糖を取り込むのを阻害する物質を分泌します。

そのため、なんとか糖を取り込もうと、さらにインスリンを分泌しようとがんばるわけです。

しかし、それにも限界がきて、インスリン分泌不全になり、常に血糖値が高い状態が続くようになります。

高血糖が続くと、インスリンを分泌するすい臓の細胞が傷つけられ、さらに、インスリン分泌機能が低下します。

さらに、インスリンが分泌されないと、脂肪細胞が分解され、血液中に放出され、また、糖を取り込むのを阻害します。

このように、糖尿病というのは、なってしまうと悪い循環が続き、悪化し続けることになるのです。

悪化すると、さまざまな合併症を引き起こし、日常生活に支障が出たり、命を落とすことになったりします。

そんな恐い糖尿病ですが、筋トレをすることによって、発症リスクを低くできることがわかっています。

筋トレは外見のメリットだけでなく体の中のメリットもたくさん

筋トレをすることによって、糖の最大消費先の筋肉が増えることになります。

運動をすると、筋肉の中のインスリン受容体が増えて活性化し、インスリンの働きがよくなります。

また、有酸素運動を組み合わせることによって、筋肉中の毛細血管の量が増え、糖尿病予防に有効です。

筋トレするのは大変だと思うかもしれません。

しかし、実際は、初心者なら1週間に15分程度で充分な筋肉が付きます。

1日に15分ではなく、1週間に15分です。

糖尿病で目が見えなくなったり、透析で不自由な時間が増えたりする前に、1週間に15分の筋トレをしてみてください。

できない人はいないと思います。

ぜひ、取り組んでみてくださいね。

筋トレや健康のことで聞きたいことがあれば、松下整体で、体の調子を整えながら聞いてみてはいかがでしょうか?

私の予定や予約の電話はこちら

筋トレ初心者が筋肉を大きくするトレーニングと食事のメール講座

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加