狙った筋肉に刺激入ってる?チンニング(懸垂)で背中を鍛えるために重要なコツ

懸垂(チンニング)は、上半身を鍛える上で、非常に効果的なトレーニングです。

特に、背中を鍛えるのには人気のあるトレーニングです。

スポンサーリンク

懸垂で背中を鍛える大事なコツ

しかし、ある重要なことをしていないと、背中を鍛えることができず、上腕二頭筋などの腕のトレーニングになってしまいます。

狙って腕のトレーニングをするならいいのですが、背中を鍛えるために懸垂をしているのであれば、それは、逃してはいけない重要なポイントです。

その重要なポイントとは、

  • えび反り

になることです。

おすすめチンニング動画

この動画がわかりやすいので、ぜひ見て下さい。

背中への刺激がぜんぜん違う

背中から腰にかけて反ることで、背中の筋肉の収縮感が全然違ってきます。

しっかりと収縮できますので、降ろすときも筋肉を引き伸ばす感覚が得られやすくなります。

筋肉を大きくするには、狙った筋肉に、しっかりと強い刺激を与えることが重要です。

この反る体勢も、強い刺激を与えるためには、必ずやっておきたいことです。

筋トレは、ちょっとしたコツで、刺激が全く違ってきます。

刺激が違うということは、筋肉の成長の速度も違ってくるということです。

重量にこだわるより、強い刺激を得られるフォームを身につけることが重要ですね。


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加