最も効率よく持久力を高めるトレーニング方法

最も効率よく持久力を高めるトレーニング方法最も効率よく、1回4分、週3回のトレーニングで持久力を高めるトレーニングがあります。

それが、

  • タバタ式トレーニング

です。

私がこのトレーニングを知ったのが3年ほど前。

その時のブログはこちら

最近、テレビなどで紹介されて、知っている方も増えてきていると思います。

トレーニング内容は、

  • 20秒強度の高いトレーニングをして10秒強度の低いトレーニングをする

というものです。

スポンサーリンク

持久力がある人とは?

持久力があるというのは、どういうことなのでしょうか?

  • マラソンが速い
  • 長い時間運動できる
  • 疲れにくい
  • スポーツ競技の最初から最後までパフォー-マンスが高いまま変わらない

など、様々な表現があると思います。

その、持久力を数値化しているものがあります。

それが、

  • 最大酸素摂取量

です。

最大酸素摂取量とは、有酸素性エネルギー供給機構から供給されるエネルギー量の最大値

のこと。

有酸素性エネルギー供給機構とは、酸素と脂質・糖質を反応させて、エネルギーとなるATPを作る仕組み

です。

最大酸素摂取量が高い人というのは持久力がある人

です。

この数値の高い人には、瞬発力と持久力の両方が必要になる、陸上の中距離選手や球技の選手が多いといわれています。

また、この数値を高めることによって、スポーツだけでなく、疲労しにくくなったり、糖代謝を高めて糖尿病予防になったりと、健康効果も期待できます。

様々な実験から、この最大酸素摂取量を効率よく高めてくれるトレーニング方法が開発されました。

それが、タバタ式トレーニングなのです。

タバタ式トレーニング方法

タバタ式トレーニング方法は

  1. 20秒間強度の高いトレーニングをする
  2. 10秒間強度の低いトレーニングをする
  3. それらを1セットとし、6~8セット連続して行う
  4. 6セット目には最大心拍数の90%になるようにしておく
  5. 週2~3回(強度が高いので多く行いすぎない)行う

というものです。

私の場合は、エアロバイクを使ってトレーニングしています。

やってみるとわかりますが、かなり強度が高く、終わった後は、吐き気がして、動けなくなるほどです。

テレビなどで紹介されているのは、タバタ式トレーニングを1日に何回か行うなどというのもありますが、もし、そのようなことをすれば、体を壊してしまうでしょう。

もしくは、それができるということは、トレーニングの強度が低すぎるということになります。

強度が非常に高いので、週に2~3回で十分な効果が期待

できます。

ウエイトトレーニングでもそうですが、トレーニングは

  • 量ではなく、質と強度が大切

です。

短時間で持久力をアップさせたい方は、ぜひ、取り入れてみてください。

松下一生の無料メールマガジンの登録はこちら

筋トレ初心者が筋肉を大きくするトレーニングと食事の無料メール講座

理想の体型を作るトレーニング方法とは?

業界最安値のおすすめのプロテインはこちら


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加