空き家どうしよう?売る?貸す?不動産屋で表に出すことで解決するかもしれません

まずは、不動産屋さんに相談するのがいいでしょう。

数を把握しているわけではありませんが、愛南町には、相当な数の空き家があるはずです。

  • 愛南町以外のところに移り住んで空き家になった
  • 両親が住んでいたが亡くなってしまった
  • 古くなって別の家に移り住んだ

などの理由で、空き家は増え続けているでしょう。

しかし、不動産屋さんに行ってみると、売り物件は、あまり出ていません。

その理由の一つに

  • 空き家をどうしたらいいかがわからない

というのがあるでしょう。

スポンサーリンク

「売る」「貸す」は専門家に任せる

空き家どうしよう?売る?貸す?不動産屋で表に出すことで解決するかもしれません空き家があって

  • 売りたい
  • 貸したい

という人は多いはずです。

しかし、

  • どうやったら売れるのか?
  • どうやって貸したらいいのか?

というのが、わからないのだと思います。

わからないのでそのままになり、売れるような家も、古くなってどうしようもない状態になっています。

まずは専門家の、不動産屋さんに相談するのがいいでしょう。

古くて安い物件は力を入れない

問題は、古くて安い物件は手数料が安いため、不動産屋さんも動きにくいのです。

300万円の家も1500万円の家も、売買する手間は、あまり変わりません。

手間は変わらないけど、収入となる手数料は、4倍近くも違ってくるわけです。

手間やリスクは大きく変わらないなら、金額の大きい物件に力を入れて、小さい物件には力を入れないのは当然のことです。

古くて安い家を買いたい人もいる

しかし、安い物件が出ていれば、それを好んで購入する投資家さんもいます。

目につけば、ドンドン購入していきます。

まずは、そんな投資家さんの目に入るようにするためにも、表に出していくことが大切です。

とりあえず、不動産屋さんに相談することですね。


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加