腕時計のベルトの長さの調整は道具を使えば意外とかんたんにできます!

腕時計を購入した時に、ベルトを腕の大きさに合わせる必要があります。

時計屋さんなどでしていただいたらいいのですが、実際腕にはめてみると、しっくりこないこともあります。

何度も何度も、時計屋さんで調整してもらうのは、申し訳ない気分になりますし、お金もかかります。

自分でベルトを調整すればいいのですが、難しいイメージがあります。

では、どうすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

腕時計のバンド調整

私は、自分で調整をしました。

初めて調整をしてみたのですが、意外とかんたんにできました。

かんたんにできたといっても、それ用の道具を使ったからなのですが・・・

その道具とは、こちらです。

腕時計のバンドには、調整できる部分に矢印がかいてあります。

その矢印が書いてある駒の穴に、矢印の方向に向けてピンを差し込んで押せば、中から接続していた棒がでてきます。

その作業に、この道具を使うことで、かんたんに棒を引き抜くことができます。

ベルトをセットして、ハンドルを回すことで、ピンが棒を押し出してくれる仕組みになっています。

棒を引き抜いたら、ベルトが外れるようになります。

小さな部品を失くさない

ここで気をつけておきたいのが、写真にあるような小さな部品が、まだベルトの中に残っていることです。

Cの形をしていることから、Cリングと言われるものです。

これをなくしてしまうと、ベルトを繋ぐことができなくなってしまいます。

失くさないように慎重にCリングを取り出します。

このようにして自分の腕に合う長さにしたら、Cリングをもとに戻して、矢印の反対側の穴から棒を差し込んで、ベルトを繋いでいきます。

難しく見えますが、やってみると意外とかんたんですよ。

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加