豚肉より低脂肪で高タンパクの猪肉のアラ炊きをいただきました

田舎は野菜とお肉がたくさんもらえます。

以前にも書きましたが、田舎では、様々な食べ物がもらえます。

田舎では、イノシシが多くなり、お百姓さんが作る野菜などを食い荒らす被害が出ています。

それも、年々増加していて、捕獲しても捕獲しても、被害が減らない状況となっています。

イノシシには悪いのですが、捕獲して、減らさないといけない状況です。

スポンサーリンク

愛媛県のイノシシの捕獲状況

イノシシの捕獲量

全国的に困っているようです。

そして、捕獲したイノシシは、食料として活かしていくことも必要なことでしょう。

今回はイノシシのお肉のアラをいただいて、父親が調理してくれました。

豚肉より低脂肪で高タンパクの猪肉のアラ炊きをいただきました

少し食べにくいですが、美味しいお肉です。

イノシシのお肉は、豚肉よりも低脂肪で、タンパク質豊富です。

体に必要なタンパク質を摂取しようと思うと、その量に応じて、脂肪も多く取りがちです。

猪肉なら、部位にもよるでしょうが、脂肪を抑えながらタンパク質を摂取することができます。

イノシシを家畜化したブタと同じ部位を比較すると、水分やミネラル、タンパク質は猪肉の方が豚肉より多い。一方で脂肪やビタミンB1は豚肉の方が多く、特に猪肉の脂肪はばら肉でも約12%と、豚肉の半分以下である。また、体重が30kg未満の個体の肉は、それ以上の体重の個体に比べて加熱後も柔らかく肉汁の量が多いという特徴がある

猪肉Wikipediaより引用

捕獲したお肉の調理

捕獲したイノシシのお肉をムダにしないためにも、調理の仕方を知る必要もありますね。


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加