どっちが仕事のできる人?完璧を目指して時間のかかる人と7割を目指して仕事の速い人

どっちが仕事のできる人?完璧を目指して時間のかかる人と7割を目指して仕事の速い人スピードを意識して仕事をすることで実力がついていきます。

完璧を目指している人は、仕事ができるように感じます。

いつも仕事をしていて、細かいところまでこだわっています。

しかし、完璧というものはありえないことです。

ありえないものを目指しているので、仕事がいつまでも完成しません。

ストレスもたまるでしょう。

スポンサーリンク

速く仕上げることで相手が求める仕事になる

ほとんどの仕事で求められているのは、

  • スピード

です。

仕事を早く仕上げるには、7、8割を目指して完成させることです。

完成したと思ったら、すぐに仕事先に見せて修正箇所を指摘してもらいます。

すぐに修正して、また修正箇所を指摘してもらいます。

それを繰り返します。

そうすることで仕事先が求めている合格点まで、早く仕上げることができます。

期限に遅れた仕事はやっていないのと同じ

完璧を目指す人は、期限ぎりぎりまで長い時間をかけて、仕事を仕上げます。

それを完璧だと思って仕事先に見せます。

完璧だと思っても、仕事先の思うところと違っていたり、修正する部分があったりして、合格点をもらえないこともあります。

しかし修正しようと思っても、期限ぎりぎりで間に合わないことになります。

期限に遅れた仕事は、やっていないのと同じでしょう。

経験値を増やすことで成功のスピードが上がる

賃貸用不動産を買うときも、完璧なものを探していたら、永遠に買えません。

完璧な物件というのは、ありえないからです。

それなら自分の基準の7、8割くらい満たしていたら、購入してみることです。

しっかりと勉強して、購入基準がしっかりとしていれば、7,8割の基準でも失敗は少ないでしょう。

たとえ完璧な物件だと思って購入しても、完璧じゃないことがほとんどで、必ずトラブルは発生します。

それなら積極的に買っていって、トラブルを経験して、多少トラブルの多い物件でも対応できるスキルを磨いておくほうが、成功のスピードは速くなりますね。

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加