受験や試験で高得点をとる勉強方法

受験や試験で高得点をとる勉強方法勉強は、

  • どのくらい勉強するか

より、

  • どのように勉強したか

が重要です。

受験をしたり、資格を取得したりするためには、勉強が必要です。

しかし、長時間勉強しても不合格になる人がいれば、少ししか勉強していなくても合格する人もいます。

その違いを生み出しているものは、能力ではなく、勉強の仕方が大きいでしょう。

では、どんな勉強の仕方が効果的なのでしょうか?

スポンサーリンク

長期に記憶してそれを引き出しやすくする

受験や試験では、覚えたことをどれだけ解答できるかというのが点数になります。

できるだけ、はっきりと長期に記憶をして、それを試験の時に、引き出せるようにすることが、試験の点数となるでしょう。

では、そのためにはどうすればいいのでしょうか?

一つのテクニックとして、勉強の環境を分散させることがあります。

時間や場所などを分散させます。

もし、同じ教科を2時間勉強するのであれば、1時間ずつにして、2日に分けて勉強します。

日も空けるほうがいいでしょう。

今日数学を1時間勉強したら、次の日に1時間同じ所を勉強するのではなく、3,4日空けて同じ所を勉強するといいでしょう。

これは、時間を空けることによって、

  • 勉強したことを思い出す

という過程が発生します。

記憶を引き出す力を強化

これが重要な事で、このプロセスによって記憶を引き出す練習になり、その記憶は強化され、長期間記憶されることになります。

そのため、できるだけ記憶したことが消えかけてきた、数日空いた時のほうが、記憶を引き出す力が強化されることになります。

また、勉強の中身も重要です。

参考書を読んだり、書き写したりすることは、記憶を引き出す必要がありません。

そのため、記憶の強化にはつながりにくい勉強の仕方です。

問題集を解いたり、テストをしたりするというのは、記憶を引き出す必要があります。

そのため、記憶の引き出す力や、記憶の強化としては、良い勉強の仕方でしょう。

見て覚える勉強時間を増やすより、覚えたことをテストする時間を増やすほうが効果的です。

記憶を引き出しやすくするヒントを増やす

記憶を引き出す時に、さまざまなことをヒントとして記憶を引き出します。

それを記憶した時の状況、周りの音であったり、景色であったり、考えたこと、時刻、場所などから、記憶を引き出していきます。

  • この公式は、家の自分の部屋で、夜の音楽番組を見ながら勉強した公式だ

という風に思い出していきます。

さまざまなヒントから、思い出していくような感じです。

そのため、ヒントはたくさんある方が、記憶を引き出しやすくなります。

記憶のヒントを増やすには、復習するときに、

  • 場所を変えたり
  • 時間帯を変えたり
  • 散歩しながらなどの、体の状態を変えたりする

ことで、増えていきます。

勉強時間ではなく勉強の仕方が重要

他にも、勉強の効果を高めるには、たくさんのポイントが有ります。

コチラの本が参考になると思います。

このように、受験や試験で高得点を取るには

  • 記憶を引き出しやすくするヒントを増やす
  • 記憶を引き出す練習をして記憶を強化する

ということが大切ですね。

天才脳を誰もが作れる方法はこちら

松下一生の無料メールマガジンの登録はこちら

大富豪の仕事術とは?

生産的な活動をするための時間術とは?

マインドマップ資格試験勉強法とは?

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加