本をたくさん買う予算のたてかた

本の予算は、

  • ◯円まで

ではなく

  • ◯円以上

にしよう!

本で得られる知識や体験というのは、自分の人生を豊かにしてくれるものです。

著者が何年も時間をかけて勉強してきたことや、体験してきたことを、わずか1000円程度で学んだり体験したりすることができます。

本によって、自分の時間だけでは体験できないことを、たくさん体験できるのです。

たくさん読めばいいというものではないかもしれませんが、やはり、多く読めば読むほど、知識や体験は多くなり、自分の人生に活かすことができます。

スポンサーリンク

本をたくさん買う

たくさん本を読むために、おすすめの方法があります。

それは、本をたくさん買うことです。

当たり前の事かもしれませんが、本が手元にないと、本を読むことができません。

まずは、本を買って手元においておくことがスタートになります。

そして、たくさん本を読むためには、沢山の本を買って、手元においておくことです。

1冊しかなければ、それを読み終わったら、次の本を買いに行ったり、注文したりしなければいけません。

読書はリズムが大事

本をたくさん読むためには、読み終わったら次の本、読み終わったら次の本という、リズムが重要です。

次に読む本がないことによって、そのリズムが崩れてしまいます。

一度リズムが崩れて本を読まなくなってしまうと、そのまま本を読まなくなってしまったり、本を読むのが面倒に感じてしまったりします。

本は手元にたくさんおいておくことです。

本を買うときの予算

そこでおすすめなのが、本を買うときの予算を

  • ◯円まで

ではなく

  • ◯円以上

にすることです。

なにか買い物をするときに予算を決めると思います。

通常の買い物は

  • ◯円まで

と上限を決めます。

しかし、本の場合は逆がおすすめです。

  • 今月は◯円以上の本を買う

という予算の決め方です。

1万円以上本を買うと決めたら、気になった本をドンドン買っていきます。

アマゾンなどで中古本を買えば、たくさんの本を買うことができるでしょう。

節約は努力なしでできるものがいい!アマゾンの買い物はアマゾンマスターカード

そして、1万円以上になったら、とりあえずそこでストップして本を読んでいくのです。

自分にあう本を見つける

本というのは、自分に合う本、合わない本があります。

その人の知識レベルなどによって決まるのでしょうが、合わない本のほうが多いと思います。

だからこそたくさん本を読んでいって、自分にあう本を見つけていくのです。

  • 本の予算を◯円以上にする

おすすめの方法ですので、ぜひ、試してみてください。

本をたくさん買うならこちらがおすすめ


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加