寝ている間に装着して昼間裸眼で快適に過ごせる視力矯正用コンタクトレンズ

寝ている間に装着して昼間裸眼で快適に過ごせる視力矯正用コンタクトレンズ月々5000円で、日中、裸眼で過ごせる快適性を買うことができます。

先日、銀歯が外れたので、浅海歯科さんへ行ってきました。

驚いたことに、その銀歯は入れずに、樹脂を入れてあっという間に終わってしまいました。

おそらく、コンポジットレンジというものだと思います。

「コンポジットレジン(CR)」は、樹脂製の白い修復用素材です。以前は金属を詰めて治していた虫歯も、近年はコンポジットレジン充填により、短時間で白い色に修復する治療が一般的になりました。

コンポジットレジンは、固まらせる前の状態では、粘土のような柔らかいペースト状ですが、光(可視光線)をあてると硬く固まる性質があります。

鍋山歯科クリニックホームページより引用

これなら、時間をとられることなく、歯の治療ができます。

歯医者には、滅多に行かないので、いろんな技術が進んでいるのを見て驚きます。

スポンサーリンク

就寝中に装着すると日中は裸眼で過ごせるコンタクトレンズ

歯の治療だけでなく、目の方も、便利なものができています。

夜寝ている間に視力矯正用のコンタクトレンズをつけておくことで、日中は、裸眼で快適に過ごせるというものです。

レンズに特殊なカーブが付いており、寝ている間に角膜の形状を平らに近付ける。角膜が平らになると屈折率が下がり、網膜に焦点が合って近視が一時的に改善する。臨床試験では、視力が0.06から0.5の患者の9割で視力が1.0以上に改善する効果を確認している。レンズは朝外すと夜まで角膜の形は戻らず、裸眼で不自由なく過ごせるようになる。

矯正レンズは日中裸眼で過ごせるだけでなく、近視の進行を遅らせる効果もあると言われている

スポーツをするとき、メガネやコンタクトレンズは、邪魔な存在になります。

やはり、気になって、良いパフォーマンスを出しにくくなります。

もし、このコンタクトレンズを使えれば、視力もハッキリした状態で、メガネやコンタクトレンズを気にすることなく、スポーツを行うことができます。

球技や格闘技などには、おすすめでしょう。

また、近視の進行を防ぐ効果も期待できるところがいいですね。

月々5000円で買う快適性

金額は3年で19万円となっていますが、月々に直すと5000円です。

高いと思うか安いと思うかは、それぞれでしょうが、今後普及していくに連れて、金額も下がっていくでしょう。

もし、保険適用になれば、さらに使いやすくなりますね。

そうなることを期待しています。


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加