トレーニングしているのに筋肉が落ちる理由

運動だけでは、理想とするいい体は作れません。

男でしたら厚い胸板や太い腕

女性でしたらくびれたウエストに引き締まった二の腕と脚

それを手に入れるために、筋トレをしている人も多いのではないでしょうか?

そのような体を手に入れるには、間違いなくレジスタンストレーニングが不可欠です。

スポンサーリンク

トレーニングより重要なもの

ですが、それ以上に重要なものがあり、それを無視すると、理想の体を手に入れることはできません。

それは、食習慣です。

アメリカにこのような格言があります。

  • You can’t out train a bad diet.「どれだけいい運動も、悪い食習慣は倒せない」

正しい食習慣は、ダイエットをする人にとっても、トレーニングで筋肉をつけようとする人にとっても、最強の習慣です。

どれだけ素晴らしいトレーニングをしたとしても、タンパク質などの栄養が足らなければ、筋肉はやせ細ってしまいます。

タンパク質の少ない食事を大量に取ってしまうと、筋肉が見えなくなってしまうほどの、余分な脂肪がついてしまいます。

いい体を手に入れるには、トレーニングも重要ですが、それにはしっかりとした量と質の栄養摂取がベースになっていなければ実現しません。

タンパク質を意識してみる

ダイエットをするにも、筋肉を増やしていくにも、重要な栄養素はタンパク質です。

必要量は

体重1kgあたり1グラム

ハードなトレーニングをしている人は

体重1キログラムあたり2グラム

必要です。

意識して摂取しないと不足していきます。

日本人の食事は炭水化物が多くなりがち。

タンパク質や脂肪をしっかり摂取する食事を心がけないといけませんね。

ダイエットしたい人、筋肉を増やしたい人におすすめの食事方法を学ぶならこちらがおすすめ


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加