読書は読んだことがないジャンルがおすすめ

本を読んで時間を短縮して自分の時間を増やす本はお金を出して買っているのだから、最初から最後まで全部読まなければいけません

そう思っている人は多いと思います。

しかし、何かのノウハウを学ぶためだったり、問題を解決するためだったら、その部分だけ読むことで、その目的は達成できてしまいます。

それ以外の部分は、ある意味無駄な部分で、そこを読んでいる時間というのは、無駄な時間になってしまいます。

1500円や2000円のお金で、何もかも学ぼうとするのは欲が深すぎます。

それくらいのお金でしたら、一つその本から学べればラッキーと思うほどで十分でしょう。

また、あまり良さそうな本でなければ、さっさと読むのをやめて次の本へ移り、何かを学んだほうが時間を有効に使うことができます。

本は、学ぶ時間を短縮してくれて、自分の時間を増やしてくれます。

著者が長い時間をかけて学んだことを、一瞬で1500円ほどのお金で学ぶことができます。

しかし、それを時間をかけて読んでいたら、時間短縮できませんね。

本の読み方は人それぞれですが、私と同じような読み方をしている方がいらっしゃいましたので、紹介いたします。

ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

本は自分の新たな興味や気付かなかった「好み」を提示してくれる

年齢 30代

どのようなジャンルの本を読むことが多いですか?

株取引をしているので経済系の本を読むことが多いです。また、話題の小説は会話のタネとして、友だちから勧められたものはジャンル問わず読むようにしています。

現在の職業や年収やアピールポイント

大学院卒業後は専業主婦をしています。投資やネットを使ったアルバイトなどもコツコツして月10~30万ぐらいの収入があり夫の扶養から外れて怒られることもしばしば。大人になってから読む本は趣味より儲けにつながる種類のものが増えてきたように思います。

 「自分の好み」なんて実はすごく適当なものだと思うこと

ネットで簡単に本を探せるようになったので、購入は主にネットです。

自宅まで届けてくれるので重さも気になりません。

本のジャンルは私の場合本当に様々で、購入履歴や本棚をみても統一感がまったくなく驚きます。

というのも、意識してジャンルをなるべく決めないようにして読むようにしているからです。

たとえば書店や図書館で本を選ぶときにやりがちなのは、おもしろそうなタイトルやキャッチーな文句の帯、趣味のいい装丁といった要素がわりと大きくなるものだと思います。

しかし、それらはあまり内容の良さや自分のニーズとは関係していないことはわかるはずです。

なるべくそういった内容以外の要素に惑わされることなく、また、「自分の好み」などという根拠のない決めつけによって良い知識との出合いの可能性をつぶしてしまわないように先入観や偏見なく本を選ぶようにしています。

新しい恋人が新しい世界を見せてくれるように、本は自分の新たな興味や気付かなかった「好み」を提示してくれると感じます。

ところで、月にたくさんの本を読む場合、効率のいい読みかたはどんなものでしょうか。

私がやっているのは何冊も同時並行で読むことです。

1冊1冊読破していくという方法は集中して読めるというメリットはありますが、その日の気分や読書に取れる時間の長さや質が日によって違うので、状況にあった本を少しずつ読み進めていくのがおすすめです。

もちろん面白い小説を一晩で読んでしまうということもありますし、話題の経済本を1日10ページずつ読んでいくという場合もあるということです。

また、読書習慣のない人にありがちなのは、はじめから終りまで全ページ読まないといけないと思っていることです。

小説なら途中を飛ばすと意味がわからなくなりますが、本によっては必要なところだけ拾い読みするのもよいのではないでしょうか。

こう読まなければならないという変な完璧主義はさっさと捨て、途中だけ読んでも「読書」をしたと考えて、自分を責めたりしないことです。

本を読むことは人生の幅を劇的に広げてくれます。

豊かさというものの定義は曖昧だとしても、読書によって得られる豊かさは簡単に実感することができるのです。


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加