収入を先に買ってから贅沢な支出を買う

その買い物は、

  • 支出を買っているのか?
  • 収入を買っているのか?

を見極めて、

  • まずは収入を買っていく

ことです。

「お金持ちはお金を出して資産を買う。貧乏人はお金を出して負債を買う。」

というのがあります。

資産とは、お金を生み出してくれるものです。

負債とは、お金を奪っていくものです。

自宅というのは、一般的には資産といわれます。

確かに貸借対照表では、自宅と土地が資産になります。

しかし、お金を持ちたい人にとっては、これは間違いです。

スポンサーリンク

資産と負債の定義

ロバートキヨサキの「金持ち父さん貧乏父さん」で出てくる、金持ち父さんの資産と負債の定義は

  • 資産は私のポケットにお金を入れてくれる
  • 負債は私のポケットからお金をとっていく

というものです。

金持ち父さん貧乏父さん

資産と思っているものが負債?

自宅というのは、購入すると

  • 固定資産税
  • 火災保険料
  • 家に見合う家具
  • 修繕費

などがかかってきます。

ポケットからお金をとっていくものです。

つまり負債です。

それでは、自宅を買う代わりに、賃貸住宅を買ったらどうでしょうか?

こちらも自宅同様に

  • 固定資産税
  • 火災保険料
  • 修繕費

などがかかってきます。

しかし、自宅と違うのは

  • 家賃収入

があることです。

しかも、その家賃収入は

  • 固定資産税や火災保険料などの支出より多い

ものです。

ポケットにお金を入れてくれるものです。

つまり資産です。

先に資産を買う

お金持ちの人は買い物をする順番があります。

それは、まず初めに資産を買って、資産から生まれる収入が有り余るほどになってから、負債を買うということです。

負債を初めに買ってしまうと、資産を買うお金がなくなってしまったり、資産を購入する時期が遅くなってしまったりします。

買い物をするときには、それは

  • 資産(収入)を買っているのか?
  • 負債(支出)を買っているのか?

を見極め、

  • まずは資産を買っていく

ことが重要ですね。

お金のことを学ぶならこちらがおすすめ


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加