陰口を言われる人の方が上です

陰口を言うことで自分の評価が下がり、ライバルとの差が広がってしまいます。

噂や陰口を言うときは、どんなときでしょうか?

それは、陰口の相手に対して、不安感や自身のなさを感じているときです。

ライバルや自分より実力が上の、劣等感を感じている人が多いでしょう。

そういう人に対して陰口を言うことで、周りの人に自分をライバルよりよく見せ、自分の自尊心を高めることになります。

努力することなく、手っ取り早い方法なので、よく使ってしまいます。

スポンサーリンク

周りの人は知っている

しかし誰もが知っている通り、それではライバルより実力で上になることはありません。

また聞いている周りの人もそれを知っているので、陰口を言っている人の評価は下がるだけです。

陰口を言っている人は、そのときは満足するでしょうが、周りからの評価が下がるので、余計にライバルとの差が広がり、フラストレーションが溜まるだけです。

このように、噂話や陰口はいわないほうがいいのはもちろんで、もし、言われる方になった場合には、言い返すのではなく

  • 陰口を言われるということは自分のほうが実力が上なんだ
  • 陰口を行っている方の評価が下がるのだからラッキー

と思って、実力を上げるための努力をするほうがいいですね。

人生がうまくいくシンプルな方法を学ぶならこちら


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加