所有しているワードプレスやアフィリエイトサイトの常時SSL化

サイトやブログを常時SSL化しました。

サイトを訪れた人の個人情報や、ログイン情報を保護するために推奨されている常時SSL化。

サイトのアドレスが

  • http://www.~~~
  • https://www.~~~

の1文字の違いですが、これによって今後大きな違いが出てきそうです。

以前からGoogleも、この常時SSL化を推奨していました。

しかしいろいろと検索してみると、それをしたら、検索順位が下がったという人もいたようで、なかなかSSL化に踏み切れないでいました。

せっかくアフィリエイトサイトで稼げているのに、もしSSL化をしたことによって、検索順位が下がってしまうと、アフィリエイトで稼げなくなってしまうからです。

フェスブックやメルマガなどでもアフィリエイトをしていますが、多くの場合は、検索からサイトに来てくれた人が多くの売上になっています。

これが無くなってしまうかもしれないというのは、私にとっては大きなリスクです。

スポンサーリンク

常時SSL化をする時期

しかしサイトを見るときに使う、Googleが提供しているWEBブラウザのChromeは、httpsになっていないサイトでは、アドレスバーに「保護されていません」と表示されるようになります。

今後も、さらに強い表示がされていくことになりそうです。

それではせっかくサイトに訪れた人も、その表示を見て、すぐにサイトを閉じてしまうことになるかもしれません。

もう、常時SSL化をしていかなければいけない時期にきたのだと思います。

そこで先日から、所有しているサイトやブログのSSL化を行っています。

意外と簡単にできる

やってみる前は、かなり面倒くさい印象がありましたが、やってみると非常に簡単で、あっという間でした。

まずはSSL証明を取得する必要があります。

私が使っているのは、さくらサーバーで、ここでは無料で取得することができます。

さくらのレンタルサーバ スタンダードのお申込みはこちら(公式ページ)

申し込んだら、10分から20分ほどで、取得ができたというメールが来ます。

それを確認したら、SSL証明を取得したサイトのアドレス

http://www.~~~

ではなく

https://www.~~~

で入力してみて、しっかりと表示されるかどうかを確認します。

リダイレクトの設定

確認できたら、httpからhttpsへリダイレクトできるようにしていきます。

古いアドレスのhttpに訪問者が来たとしても、httpsのサイトに自動的に行くようにするのです。

ワードプレスであれば、プラグインを使います。

さくらサーバーでは、それ専用のプラグインをインストールして、簡単な設定でできます。

さくらサーバーSSL化のプラグイン設定の仕方はこちら

プラグインが設定できたら、古いアドレスのhttpでサイトを見てみます。

自動的にhttpsに変更されていれば成功です。

私は、ワードプレス以外にサイト作成ソフトSIRIUSシリウスでもサイトを作成しています。

シリウスの詳しい内容はこちら

こちらも設定は簡単です。

サイトオプションから全体設定を開き、常時SSL化の統一で

  • 常時SSL化をする(httpsで統一、さくらサーバー用)

を選択するだけです。

選択し終わったら全体設定のサイトURLを、httpになっているアドレスにsを付け加えてhttpsにするだけです。

あとはアップロードして終わりです。

サーチコンソールも忘れずに登録

これらのリダイレクトの設定が終われば、今度はサーチコンソールに登録します。

新しくhttps://www~~~のアドレスを登録して、サイトマップを送信すれば終了です。

複数個サイトがあるので少し面倒ですが、1個や2個であれば、簡単に設定できます。

今後、検索順位がどうなるかを注意しておく必要がありますが、2,3週間すれば安定するようですので、見守っていきたいと思います。

まだ常時SSL化できていない人は、今後必要になってくることですので、ぜひやってみてください。

サイト作成について学ぶならこちらがおすすめ


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加