ストレスは賢くなるために必要なもの

ストレスに対する考え方で、いいものにも悪いものにもなっていきます。

ストレスと聞くと、「体に悪いもの」というイメージがあります。

私もそのように思っていて、できるだけ「溜めないように、発散するように」と思っています。

ところがストレスが身体に悪い作用を起こすかどうかは、その人のストレスへの考え方が大きく影響しているようです。

  • ストレスは悪いものだが、取り除くことができない

と考えていることが、不安や憂鬱を引き起こしています。

逆に、

  • ストレスは、自分を強くできるもの

と思っている人は、健康的で幸せで、仕事でも良い結果を出すことができているそうです。

スポンサーリンク

ストレスに対してネガティブな考え

1998年米国で30000人の成人を対象に、ストレスと死亡リスクに関する調査があります。

  1. この一年間で、どれくらいのストレスを感じたか?
  2. ストレスは、健康に悪いと思うか?

この2つの質問をして、8年後どうなったかを調査したものです。

強いストレスを感じている人は、43パーセント死亡リスクが高まりました。

やはり、「ストレスが健康に悪い作用を及ぼしている」と思うかもしれません。

ところが死亡リスクが高まったのは、強いストレスを感じている人の中でも、

「ストレスは健康に悪いと考えていた人」

だけでした。

つまり、死亡リスクが高まったのは、ストレスに対してネガティブにとらえている人だけで、それ以外は影響がなかったということです。

ストレスは人を賢く、強くしてくれる

ストレスは人を賢くしてくれます。

問題が起こったときに、「もうだめだ」と考えるか「どうやったらこの問題を解決できるのか?」と考えるかで、病気になるか、賢くなるかに分かれます。

ストレスは人を強くしてくれます。

嫌なことを言われたときに、ただ落ち込んでしまうのか、「ありがとうございます」と言って笑い飛ばすのかで、どんどん弱くなっていくのか、強くなり、周りからいい評価をもらえるのかに分かれます。

ストレスは成功へと導いてくれます。

貧乏をしているときに、ただツライと考えているか、「お金を稼ぐにはどんな事を身に付けなければいけないのか?」と考えるかで、貧乏のままでいるか、成功するかに分かれます。

ストレスについての考え方を変えれば、もっと健康で幸せになれます。

考え方が変わると行動や習慣が変わります。

行動や習慣が変われば、間違いなく人生が変わります。

ストレスへの考え方が重要です。

といっても、適応できないほどのストレスをためてしまうと、悪いものになるので、注意が必要ですね。

ストレスに対応する方法を学ぶならこちら


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加