スポーツのレベルアップにはウエイトトレーニングが重要です

  • ウエイトトレーニングでつけた筋肉は使えない
  • ウエイトトレーニングで筋肉が付きすぎるとスピードが落ちる

などと昔は言われたものです。

今では言われることは少なくなり、多くのアスリートがウエイトトレーニングを取り入れ、高いパフォーマンスを発揮しています。

もし、コーチや指導者が、ウエイトトレーニングを、昔の常識の知識だけで否定しているのであれば、そこからは離れていったほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク

バットスイングが速い

野球であれば、バットスイングの速い人は高いパフォーマンスを上げていて、野球を続けているという研究結果があります。

打者は体が大きい方が有利!?データで検証!

もちろんバットスインの速さだけが、それを決定するものではありませんが、一つの要因になっているのは間違いないでしょう。

プロ野球選手の1軍なら、時速150キロを超えているそうです。

バットスイングのスピードを決めるもの

そんな重要なスイングスピードですが、そのスイングスピードを左右するものがあります。

それが「筋肉量」です。

先程のサイトに、除脂肪体重とバットスイングスピードの関係グラフがあります。

一目瞭然で、除脂肪体重が増えるに従って、バットスイングスピードも高くなっています。

除脂肪体重

もちろん、ただ体重が多いだけではダメです。

純粋な筋肉量の「除脂肪体重」が重要です。

太った人はスピードが遅いようなイメージがあります。

しかし、それは間違いです。

体重に対して除脂肪体重が少ない(筋肉が少ない)人は、スピードが遅くなるでしょうが、除脂肪体重の割合が大きい人は、大きなパワーで体を動かすことができます。

10キロのものを11キロの力で動かすのは、速く動かすことは難しいでしょう。

しかし、10キロのものを20キロの力で動かせば、速く動かすことができ、軽い力でできますので、技術に気を使う余裕もできるでしょう。

もちろんこれは、野球に限った話ではありません。

他のスポーツや武道でも同じことがいえるでしょう。

パワーも技術の一つです。

ウエイトトレーニングを否定するコーチや指導者には気をつけましょう!

アスリートのためのトレーニングと栄養を学ぶならこちらがおすすめ


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加