平成28年の伊豫豆比古命神社の椿まつり

2月14日()、15日(月)、16日(火)は松山市の伊豫豆比古命神社(いよずひこのみことじんじゃ)の椿まつりです。

スポンサーリンク

椿まつりとは

旧暦正月7日~9日に行われる。
かつては旧暦正月8日のみ祭礼が行われており、これを「お八日」(おようか)と呼んだ。現在はその前後の3日間(7日~9日)にわたって行われる。「お椿さん」「伊予路に春を呼ぶ祭り」と呼ばれる。期間中、数十万人が参拝し、参拝者の数では四国一の大祭という。
期間中の祭儀は、旧暦7日午前0時に開門、同8日午前9時に春季例大祭、同9日午後6時に後宮祭が行われ、午後0時に閉門される。また、特殊神事として貸銭神事・お忍びの渡御・合せ火が行われる。
貸銭神事は、神社から守り金(20円)を借り、翌年、倍額にして返すという非常に珍しい行事で、誰でも無条件で借りることができる。一年間、生業に励み、少しでも多く返せるように頑張ることを約束する意味があるという。
「お忍びの渡御」は、中日(旧暦1月8日)夜、神社の神輿が北土居町の金刀比羅神社まで渡御する行事である。神輿が社殿を出て楼門を通過するまで、神輿を揺すったり、掛け声を出したりせず、静かに進むところから、「お忍びの渡御」の名がある。
合せ火は五馳走火ともいう。お忍びの渡御の際、その道筋にある家は、その年の正月の飾りを焚いて神輿を迎える。これを合せ火という。

伊豫豆比古命神社 Wikipediaより引用

たくさんの露店が立ち並ぶ

平成28年の伊豫豆比古命神社の椿まつり私も、整体のお客様が行っているというのを聞いて、昨年行ってみました。

行ってみて驚いたのが、露店の多さです。

約800店もの露店が立ち並んでいます。

そこで、今年は、子どもも喜ぶだろうと思って、子どもも連れていく予定にしています。

全国から50万人もの人がいらっしゃるようで、初日は日曜日ということもあって、たくさんの人が予想されます。

周辺には、さまざまなところに臨時駐車場ができています。

駐車料金も良心的な金額ですので、そちらを利用するといいと思います。


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加