自宅で筋トレをするときのおすすめのダンベルの選び方とは?

スポンサーリンク

自宅でウエイトトレーニングをするときのダンベルの選び方

私は、自宅でウエイトトレーニングをしています。

バーベルもあるのですが、主に使っているのはダンベルです。

今は、ダンベルやバーベルも、かなり安く買えるようになっています。

そのため自宅でウェイトトレーニングをしている人も多いのではないでしょうか?

自宅であれば、

  • 好きな時間帯にトレーニングができる
  • 順番待ちをする必要がない
  • 経済的である

というメリットが有ります。

自宅ですので、ジムに行く必要がありません。

早朝でも夜中でも思いついたときに、トレーニングをすることができます。

当然一人ですので、ジムのように人気の器具に並ぶ必要もありません。

ダンベルやベンチなどの器具を揃えれば、ジムのような会費を払う必要もありませんので、かなり経済的です。

自宅でトレーニングするメリットというのは本当に大きいものです。

では、ダンベルを購入するとき、どんなダンベルを選べばいいのでしょうか?

スポンサーリンク
<おすすめ>
自重で上半身に強い刺激を与えてくれるトレーニングのチンニングとディップス。
チンニングスタンドがあれば、その2つのトレーニングを自宅で行うことができます。
価格も安いので、上半身を自宅で鍛えたい方は、ぜひ購入してみてください。
<おすすめ>
自重で上半身に強い刺激を与えてくれるトレーニングのチンニングとディップス。
チンニングスタンドがあれば、その2つのトレーニングを自宅で行うことができます。
価格も安いので、上半身を自宅で鍛えたい方は、ぜひ購入してみてください。

ダンベルを固定する方法

ダンベルは重りとなるプレートを、ダンベルのシャフトに固定する必要があります。

それを固定する時に、2つの方法があります。

  • スプリング型
  • スクリュー型

です。

ダンベルを選ぶときに、どちらにするのかを選ぶ必要があります。

スプリング型

スプリング型は、このようなスプリングでウエイトを固定します。

スプリング型のメリットは

  • 瞬時にプレートを固定できる

という点です。

トレーニングするときには、ドロップセットなどを行うときには、素早くウエイトを変更する必要があります。

スプリング式でしたら、そのウエイトの変更が素早く行えます。

プレートの入れ替えにストレスを感じたくない人は、このスプリング式のカラーを選ぶといいでしょう。

スクリュー型

スクリュー型はこのようなネジを止めるような形で、プレートを固定します。

私は、スクリュー型を使っています。

その理由は、

  • 安全性

です。

確かにスクリュー型は、プレートを入れ替えるときに、カラーをネジのように回転させて外す必要があります。

スプリング型よりも時間がかかります。

しかし時間がかかったとしても、プレートが滑り落ちない安全性を考えたら、スクリュー型がいいでしょう。

ダンベルを水平に持ってトレーニングするときはいいのですが、垂直に持ってトレーニングするときは、スプリングだと、プレートが落ちてこないか心配になります。

  • ハンマーカール
  • ダンベルプルオーバー
  • ダンベルスイング

などのトレーニングをする時には、特に心配で、トレーニングに集中ができなくなってしまいます。

腕相撲で強くなるためにハンマーカールがおすすめの理由とは?
男なら誰もが強くなりたいと思う腕相撲。腕相撲には力の差があっても、勝ち方を知っていれば、自分よりも強い相手でも勝てるものです。しかし、それでも相手の力が圧倒的に強ければ、勝ち方を知っていても勝てないものです。やはり腕相撲に...

ダンベルプルオーバーのやり方と大胸筋や背中への効果とは?
大胸筋と広背筋を鍛えられる、珍しい筋トレ種目のダンベルプルオーバー。大胸筋には普段入らないような縦の刺激広背筋には筋肥大に効果的な強いストレッチの刺激筋肥大させるためには、積極的に取り入れておきたい種目です。ダンベルとベン...

ケトルベルがなくてもできるダンベルスイングのやり方や効果とは?
ケトルベルを股下から肩まで振り上げ、リズミカルに上下させるケトルベルスイング。ケトルベルを持っていないとできないわけではなく、ダンベルを使って代用することもできます。自宅にケトルベルは持っていないけど、ダンベルなら持っている...

スクリュー型であれば、安心でき、集中してトレーニングをすることができます。

スプリングは、プレートの入れ替えをする時に、時間がかかりませんので、そこを重視するならおすすめだと思います。

スポンサーリンク

ダンベルのプレート

ダンベルの重りの部分のプレートですが、こちらは、

  • プレートがむき出しのままのノーマル
  • ゴムで覆っているラバー付き

があります。

ノーマル

ダンベルプレートノーマル

見ての通りプレートは金属で作られていて、ノーマルのものはそのまま使うことになります。

ノーマルプレートのメリットは

  • 価格が安い

ことです。

床にゴムのクッションなどを敷いて、騒音やキズの対策ができていれば、このノーマルのプレートでもいいでしょう。

また屋外でトレーニングする場合も、このノーマルプレートでもいいでしょう。

ラバー付き

ダンベル ラバー付き

写真のようにプレートがゴムで覆われています。

メリットは

  • ダンベルを床におろしたときの音が小さい
  • 床にキズがつきにくい

ということです。

もし室内でトレーニングをされるのであれば、絶対に、ゴムで覆っているラバー付きがおすすめです。

ノーマルプレートを使っていると、床は傷だらけになります。

また、床にダンベルをおいた時の音も大きいので、周りの人やご近所の迷惑にもなります。

室内でトレーニングされるのであれば、ラバー付きを選びましょう。

スポンサーリンク

ダイヤル式ダンベル

ダンベルには上のようなシャフトにプレートを付けてカラーで固定するスピンロック式のものと、もう一つ

  • ダイヤル式ダンベル

というものがあります。

ダイヤル式ダンベルは、ダイヤルで重さを指定すると、瞬時にその重さのダンベルができ上がるというものです。

スプリング型のダンベルでも重さの変更は素早くできますが、このダイヤル式のダンベルは、瞬時にできてしまいます。

ストレスなくダンベルの重さの変更が可能です。

細かい重さの変更も可能なダンベルもありますので、持っておくと便利なダンベルと言えるでしょう。

スポンサーリンク

ダンベルは自宅での筋トレに必須アイテム

自宅で筋トレをするには、バーベルは置き場所に困ったり、トレーニングする広いスペースが必要だったりして、なかなか使いにくいものです。

しかしダンベルであれば、狭いスペースで使えて、トレーニング種類も豊富にあります。

ダンベルと、もう一つベンチがあれば、全身の様々なトレーニングができます。

ぜひ揃えてみてください。

背中の広背筋や僧帽筋の筋肉を鍛えるダンベルでの筋トレ種目とは?
上半身の厚みと逆三角形の形を作る上で重要な背中の筋肉。ジムに行けばラットプルダウンやプーリーローなどのマシンベントオーバーローイングやデッドリフトなどのバーベルを使ってトレーニングできます。しかし、ジムに行っていな...
自宅のダンベルでできる大胸筋を鍛える筋トレメニューとは?
厚い胸板を作るために必要な大胸筋。大胸筋を鍛える筋トレとして有名なのはベンチプレスです。ジムに行っている人は、そのようなトレーニングができるかもしれませんが、自宅でトレーニングしている人は、なかなかできない人もいるでしょ...
肩こり・腰痛・ぎっくり腰なら松下整体に今すぐ電話!愛南・宇和島・宿毛・大月・四万十・土佐清水へ出張可能
もし、肩こりや腰痛などの体の痛みに悩んでいるのであれば、松下整体を試してみてください。 肩こりや腰痛などの原因となる、首や腰などの骨のズレを戻し、筋肉をほぐして再発しにくい体にしていきます。 ぎっくり腰の急性の痛みも、楽にいなると思います。 痛みが発生してから時間が経つほど痛みを取り除くのが困難になっていきますので、痛みを感じているのであれば、今すぐご相談ください。
タイトルとURLをコピーしました