びやびやかつおはどこで購入できる?東京でも食べられるの?

私の住む愛南町は愛媛県で唯一の、かつおの水揚げ基地となっています。

また、その水揚げ量は四国一です。

カツオといえば高知県が有名なのかもしれませんが、水揚げは愛南町が四国一なのです。

そのカツオの水揚げがされる漁港は、深浦漁港になります。

私の家から、車で数分のところにあります。

そんな有名な愛南町のカツオですが、そのなかでもめったに食べられない希少なカツオがあります。

それが

  • 愛南びやびやかつお

です。

愛南びやびやかつおとは

・一本釣りまたは曳縄釣りされたもの

・釣り上げてすぐに活け締め・血抜き処理をしたもの

・釣り上げたその日のうちに水揚げされたもの

・水揚げした後、ハイブリッドアイスで保管されたもの

・愛南漁協が管理し、品質の確かさを認めたもの

びやびやかつおホームページより引用

です。

ハイブリットアイスとは普通の氷とは違って、シャーベット状の氷で、表面を傷つけることなく冷やすことができるというもので、このようなところにまでこだわっているのが「愛南びやびやかつお」なのです。

びやびやとは、地元の方言で「新鮮」を意味します。

通常であれば、カツオは次の日やその次の日に市場に水揚げされます。

深浦港であれば、早朝に出港し、釣り上げてその日に市場に戻って午後には市場に並べることができます。

びやびやかつおは愛南町のお店で食べられる

獲ったその日のうちに水揚げされるカツオは「日帰りカツオ」と呼ばれていますが、「びやびやかつお」は上の基準を見ての通り、とことん鮮度にこだわっていますので、漁港周辺の愛南町のお店でしか味わうことができません。

カツオは傷みが早い魚です。

愛南町以外のところに運んでいる間に、ドンドン鮮度と味が落ちていきます。

本当に新鮮なかつおは、「びやびやかつお」を食べられる愛南町のお店でしか食べることができないのです。

しかも基準が厳しため、いつ「びやびやかつお」がとれるかわかりません。

毎日獲れるわけではありません。

そのためお店に予約することもできません。

  • たまたま「びやびやかつお」が獲れてお店にあれば食べられる

という、運のいい人しか食べられない希少な魚なのです。

料理はもちろんタタキではなく、刺し身がおすすめです。

弾力があってなかなか噛み切れないもちもちとした食感で、新鮮なので臭みがなく甘みがあるのが特徴です。

びやびやかつおが食べられるお店

愛南町でびやびやかつおが食べられるお店は限られています。

です。

運悪くびやびやかつおがなかったとしても、普通のカツオは食べることができます。

他にも

  • ホタテよりも甘みがあって美味しいと言われるヒオウギ貝
  • 全身がトロといわれる伊予の媛貴海
私の住む愛南町は日本でも有名なヒオウギ貝の産地です。 愛南町は、水温などのヒオウギ貝がよく育つ環境にあるらしく、愛南町の中でも由良半島が有...
愛南町では 「全身がトロ」 と言われる 伊予の媛貴海 の養殖をしています。 愛南漁協ホームページより引用 ...

などの美味しい料理も食べることができますので、運試しにお店に行ってみて損はないと思います。

ぜひ愛南町へお越しください。


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする