らくやきマーカーでマグカップに絵を描いて贈ろう!

私の妻が、子どもたちに贈った、クリスマスプレゼントがこちらです。

スポンサーリンク

らくやきマーカーと食器は100均のダイソー

子どもたちのイメージを、カップに描いて贈りました。

こちらのカップですが、専用のカップではなく、100均のダイソーで購入したものです。

焼き上げて作るので、耐熱のもので白いものが書きやすくておすすめです。

マグカップだけではなく、様々なお皿やその他の食器も販売されていますので、どのようなものにするか仕上がりを考えて購入するといいでしょう。

そのカップに、専用のらくやきマーカーというペンを使って絵を描き、家のオーブンで、230度で20分焼き付けるだけで完成します。

このらくやきマーカーですが、今はダイソーやセリアなどの100均でも購入することができます。

食器もらくやきマーカーも100均で売っていますので、気軽に始められて、失敗しても落ち込むことはないでしょう。

らくやきマーカーは研磨剤などで剥がれるので注意

実は普通の油性のマーカーでも、同じように作ることができます。

しかし油性マーカーでは、間違えたときに消すことができずに、食器が無駄になってしまいます。

こちらのらくやきマーカーは、焼き付ける前であれば消して描き直すことができるので、初めての人にはおすすめのマーカーです。

ティッシュなどを濡らして拭くだけできれいに消すことができます。

細かい部分の修正は、綿棒を濡らして消すことで、細かい部分の修正も綺麗にできてしまいます。

そのように初心者でも、子供でも修正ができるので、失敗が少なく作ることができるのですが、注意点もあります。

それは、出来上がった食器を、漂白剤や研磨剤などで洗ったりしないことです。

このような洗剤で洗ってしまうと、せっかく書いた絵が剥がれてしまうことがあるからです。

長い間きれいな状態で使いたいのであれば、そのような点に気をつける必要があります。

らくやきマーカーで二度焼きをするときとは?

らくやきマーカーはインクのペンですので、色を塗ったりするときには、どうしてもムラができてしまいます。

焼けばきれいになるかと思ったら、そのままの状態で仕上がってきます。

そこでおすすめなのが1度焼き上がったものを、ムラがある部分をもう一度塗って2度焼き上げることです。

どうしても広い範囲を塗る場合は、ムラができてしまいます。

1度ではきれいに仕上げるのは難しいでしょう。

1度できれいに仕上げようとすると時間もかかりますし、きれいにするのは難しいと思います。

そこは無理だと割り切って、焼き上げてからきれいに塗り直すほうが時間もかからず、きれいに仕上がると思います。

もし広い範囲を塗る場合は、2度焼きすることも選択肢の中に入れておくといいかもしれませんね。

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

タイトルとURLをコピーしました