キレられる人のほうが社会的地位が高い

あなたはどちらの人になりたいですか?

社会的に成功している人と、そうでない人の行動の違いです。

千田琢哉さんの本挫折を乗り越えた人だけが口癖にする言葉にこのような言葉がありました。

千田琢哉さんの本についてのブログはこちら

キレる側がいつも下っ端で、キレられる側が社会的地位の高い人。

助けられている側が怒鳴っていて、助けている側が怒鳴られている。

助けられている側が威張っていて、助けている側が頭を下げている。

与えられている側が文句を言っていて、与えている側が文句を言われている。

これが世の中の縮図。

どちらのような人になりたいか?

そのためには、どのような行動をしなければいけない?

というのがわかります。

また、そのような行動をとると、どちら側の人になるのかもわかります。

社会的地位の高い人というのは、人に指示をしたり、何かを提供したりしています。

しかし、それは、全ての人に満足できるようにはできません。

満足できない人、つまり、その下の人がキレます。

すぐにキレる人に、ついていく人はいませんので、社会的地位は低いままです。

また、社会的地位の高い人は、相手にキレられても、自分がキレることはないでしょう。

だからこそ、高い地位についているのだと思います。

助けている人は、仕事であったり、社会活動であったりしますが、このような人は、人を助けるために、何かを行動やサービスで与えている人です。

自分はキレている方?キレられている方?

しかし、これも、全ての人が満足してくれるわけではありません。

そういう人に、怒鳴られたり、威張られたり、文句を言われたりしています。

しかし、怒鳴ったり、威張ったり、文句を言ったりすることはないでしょう。

このようなことは、いたるところで見ることができます。

また、自分も経験していることです。

もし、自分がキレていたら、自分は社会的地位が低い人なんだと思うことです。

もし、自分が怒鳴っていたり、威張っていたら、自分は助けられているんだと思うことです。

もし、自分が文句を言っていたら、自分は与えられているんだと思うことです。

そして、相手に感謝することが大切でしょう。

そうすれば、助ける方、与える方、社会的地位の高い方へ変わっていくのではないでしょうか?

批評されている人は成功している

批評されている人が、批評している人よりも、成功していることがほとんどです。

  • プロ野球選手と、打ち方や監督の采配に文句を言ってるテレビの前の人
  • 地元で成功している人と、出る杭を打つ人
  • 起業しようとする人と、「失敗するよ」といってくる人

成功の定義は様々でしょうが、どちらの方が成功者が多いでしょうか?

  • 自分は、どっちの立場になりたいのか?

というのを考えると、

  • 批難・批評をして何もしない
  • 賞賛して学び、マネをする

の、どちらの行動を選択するほうがいいのかがわかりますね。

噂や陰口を言うときは、どんなときでしょうか?

それは、陰口の相手に対して、不安感や自身のなさを感じているときです。

ライバルや自分より実力が上の、劣等感を感じている人が多いでしょう。

そういう人に対して陰口を言うことで、周りの人に自分をライバルよりよく見せ、自分の自尊心を高めることになります。

努力することなく、手っ取り早い方法なので、よく使ってしまいます。

周りの人は知っている

しかし誰もが知っている通り、それではライバルより実力で上になることはありません。

また聞いている周りの人もそれを知っているので、陰口を言っている人の評価は下がるだけです。

陰口を言っている人は、そのときは満足するでしょうが、周りからの評価が下がるので、余計にライバルとの差が広がり、フラストレーションが溜まるだけです。

このように、噂話や陰口はいわないほうがいいのはもちろんで、もし、言われる方になった場合には、言い返すのではなく

  • 陰口を言われるということは自分のほうが実力が上なんだ
  • 陰口を行っている方の評価が下がるのだからラッキー

と思って、実力を上げるための努力をするほうがいいですね。

人生がうまくいくシンプルな方法を学ぶならこちら


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする