睡眠 一覧

頭も体も使えば使うほどいいんじゃないの?頭も体も休んでいるときに力がついていく

頭も体も使えば使うほどいいんじゃないの?頭も体も休んでいるときに力がついていく

短時間に集中して使って、積極的に休むことが重要です。 ガンガン長時間トレーニングして、毎日鍛えるほうが、筋肉は大きくなるような気がします。 しかしトレーニングをやりすぎて、休む時間が少ないと、筋肉は逆に細くなってきます。 筋肉が大きく...

記事を読む

昼寝の時間なんかない?実力を上げるなら昼寝をして仕事の密度を上げよう!

昼寝の時間なんかない?実力を上げるなら昼寝をして仕事の密度を上げよう!

積極的に昼寝の時間を確保しましょう。 昼に眠くなるのは正常なことです。 朝起きてから6から8時間後には、眠くなるようになっています。 その状態で仕事を続けていると、気づかないかもしれませんが、パフォーマンスは落ちています。 仕事のス...

記事を読む

豆電球をつけたままの睡眠で病気に?アイマスクの使用がおすすめ

豆電球をつけたままの睡眠で病気に?アイマスクの使用がおすすめ

質の高い睡眠をとることは、健康を維持するために重要な事です。栄養運動睡眠幸せが不足すると、健康を損ないます。その重要な睡眠ですが、睡眠の質を落としてしまう、やってしまいがちなことがあります。それは、部屋の照明を豆電球にして寝ることです。夜、...

記事を読む

睡眠の質を効果的に上げるアイマスクを購入しました

睡眠の質を効果的に上げるアイマスクを購入しました

睡眠の質を効果的に上げるには、アイマスクがおすすめです。眠る時に睡眠の質を上げるには、真っ暗闇にする必要があります。睡眠ホルモンと言われるメラトニンは、暗いところほど分泌されるようになるからです。逆に、光を浴びることによって、メラトニンの分...

記事を読む

仕事や勉強にもいい効果!目覚ましの音で無理やり起きるより自然と目が覚める方法

仕事や勉強にもいい効果!目覚ましの音で無理やり起きるより自然と目が覚める方法

朝、自然と目が覚める目覚まし時計の音で無理やり起きるでは、気分が全然違います。自然と目が覚めた時は、よく睡眠が取れたような気がして、スムーズに起きれて、その後も疲れを感じないような気がします。目覚まし時計の音で、無理やり起きた場合には、目覚...

記事を読む

徹夜をする時に作業や仕事を避ける必要がある時間帯とは?

徹夜をする時に作業や仕事を避ける必要がある時間帯とは?

徹夜するときの、起床から22時間後の時間帯の作業は避けましょう。睡眠は大切ですが、どうしても徹夜で仕事をしたり、運転をしたりしないといけないことがあるでしょう。そんな徹夜の時に、仕事や運転を避けたい時間帯があります。それは、起きてから22時...

記事を読む

仕事のパフォーマンスを維持する起床から6時間後に目を閉じる

仕事のパフォーマンスを維持する起床から6時間後に目を閉じる

お昼ごはんを食べた後くらいから、眠くなることはありませんか?もし、眠くならないのであれば、それは、脳や体が緊張し過ぎている可能性があります。そのような緊張状態が続くと、体は早い段階で限界を迎えることになるでしょう。朝起きてから、だいたい6~...

記事を読む

脳は睡眠中にアルツハイマー型認知症の原因となる老廃物を排除する

脳は睡眠中にアルツハイマー型認知症の原因となる老廃物を排除する

40代からの睡眠不足は、認知症を招きます。40代の頃といえば、働き盛りで、バリバリ働く時期だと思います。ちょうど子どもも大きくなって、進学などでお金がかかるため、その準備のためにも、たくさん働いて、お金を貯めていかなければいけません。しかし...

記事を読む

スムーズな良質の睡眠を得るための4つのポイント

スムーズな良質の睡眠を得るための4つのポイント

スムーズな良質の睡眠を得るためには体内時計を整える日中を活動的に過ごす眠る時に深部体温を下げるリラックスするの4つがポイントです。1.体内時計を整える体内時計を整えるのに最も大切なのが朝日を浴びることです。朝日を浴びることによって、睡眠ホル...

記事を読む

睡眠時間と乳がんのリスク関係

睡眠時間と乳がんのリスク関係

夜の睡眠時間が少ない人は、病気のリスクが高まります。メラトニンという睡眠ホルモンが体内で多く分泌されることで、夜眠くなります。朝起きて明るい太陽の光を見ることで体内時計がリセットされ、それから約15~16時間後にメラトニンが分泌されるように...

記事を読む