健康になりたいなら好き嫌いの基準で食事を選んではダメです!長期的な視点で食べ物を選ぼう!

食事は好きか嫌いではなく、長寿か短命、健康か不健康という、長い目で見た基準で判断することです。

健康な生活をおくる上で、重要になってくるのが食事です。

人間の体は、食べたもので作られます。

食事が健康を大きく左右してきます。

その食事ですが、内容はある程度、自分で決めることができます。

そのため健康に高い価値を置いている人と、そうでない人とでは、内容が大きく違ってきて、結果、健康にも大きな違いが出てくるものです。

健康に高い価値を置いている人と、そうでない人の違いは、食事の内容を決めるときの基準です。

スポンサーリンク

好き嫌いという基準

健康に高い価値をおいていない人は、その基準は

  • 好き
  • 嫌い

になってしまいます。

当然食事は、人生の楽しみの一つですので、好き嫌いの基準で決めるのも大切なことです。

しかしその好き嫌いの基準での食事を、長期間続けると、病気になる可能性は高くなります。

脳は血糖値が急上昇するものが好き

脳は、血糖値が急激に上昇するものが好きです。

そのため「好き嫌い」の基準で食事を決めると、野菜が少なくて、炭水化物の多いものを好んで食べるようになってしまいます。

麺類であったり、丼ものであったり、スイーツや清涼飲料水などです。

これらは、血糖値の上昇を緩やかにする食物繊維が少なく、血糖値を上げる炭水化物が多いものです。

何も考えないと、こういうものが好きになるようになります。

誰もが想像できることだとお思いますが、このような食べ物や飲み物を長期間摂取し続けると、肥満になり病気になる可能性は高くなるでしょう。

長寿か?短命か?

ではどのような基準で食べるものや、飲むものを決めていけばいいのでしょうか?

それは

  • 長寿になる食べ物か?
  • 短命になる食べ物か?
  • 健康になる食べ物か?
  • 不健康になる食べ物か?

などです。

長寿になる食べ物、健康になる食べ物は、おそらく誰もが知っていることでしょう。

野菜や海藻、きのこ類、果物などです。

ビタミンやミネラルが多く、タンパク質の多い食事です。

できるだけたくさんの種類のものを、バランスよく食べることです。

なにも難しいことではありません。

食事を選ぶ基準

そういうことは誰もが知っているのに、麺類や丼ものを食べ続けてしまうのでしょうか?

それは、食事を選ぶ基準が

  • 短期的な好き嫌いになっているか?
  • 長期的な健康か不健康になっているか?

でしょう。

どちらを選んでもいいでしょうが、健康になりたいと思っているのに「好き嫌い」で選んでいては、思うような結果は得られないでしょう。

もし健康に高い価値観を持っているのであれば、長い視点での基準をもって、食事を選んでいくことが大切ですね。


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加