EAAで効率よく筋肥大をさせるには?

スポンサーリンク

筋肉の材料となるたんぱく質。
いくら集中して激しいウエイトトレーニングをしても、この筋肉の材料となるたんぱく質がなければ、筋肉は大きくなっていきません。
筋肥大にとって大切なたんぱく質。
そのため、筋肥大を目指している人は、たんぱく質のプロテインパウダーを摂取しています。

必須アミノ酸のEAA

そのたんぱく質を分解したものがアミノ酸です。
そのアミノ酸の中でも、体内で合成することができず、食事などで取り入れないといけない9種類のアミノ酸がEAA(必須アミノ酸)となります。
プロテインも、この必須アミノ酸がバランスよく配合されているものが、品質の高いプロテインとされ、それだけ重要な栄養素となっています。
サプリメントでもEAAは販売されていて、私もEAAをトレーニングのときには、必ず摂取しています。
では、筋肥大のために、どのようにEAAを摂取すればいいのでしょうか?

私が使っているEAAはこちら
スポンサーリンク

EAAは筋肉の分解を防ぎ合成を進める

EAAの特徴は、プロテインよりも消化に負担がかからず、吸収が速いことです。
プロテインを消化した状態がEAAですので、すぐに吸収できるような状態になっています。
そのため、EAAを摂取したらすぐに吸収され、

  • 一気に血中のアミノ酸濃度が高まる

ことになります。
ここがEAAの特徴で、いちばん重要なところです。
筋トレをしているときというのは、筋肉に刺激が入り、筋肉を作っていく筋肉合成が起こります。
体が筋肉を作っていこうとしているときです。
このときに、体が筋肉を作るときの材料のアミノ酸が、血液中の濃度が低ければ、筋肉を作る材料が足らないと感じてしまいます。
そうすると何が起こるかというと、筋肉の分解です。
筋肉を分解して、アミノ酸を得ようとするのです。
胸のトレーニングをして、胸の筋肉合成が始まると同時に、他の部位の筋肉が分解されているのです。
これでは、何のためにトレーニングをしているのかわかりません。
それを防ぐためにはどうすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

EAAで血中アミノ酸濃度を上げる

それは、血中のアミノ酸濃度を上げておくことです。
血中のアミノ酸濃度を上げておくことで、体は、筋肉を作る材料が十分にあると感じます。
トレーニングで刺激が入っての筋タンパク合成を、安心して行うことができるのです。

スポンサーリンク

EAAはBCAAとマルトデキストリンを一緒に飲む

筋トレをしているときには、血中のアミノ酸濃度が高い状態にしておく必要があります。

  • 筋トレを始める30分前

に飲んでおく必要があります。
そのときに、

  • BCAA
  • マルトデキストリン

も、同時に摂取しておくと、より効果的です。

私が使っているBCAAはこちら

BCAAの役割

体に十分なアミノ酸があると感じさせて、

  • 筋合成させるために効果的なのが、必須アミノ酸のロイシン

です。
EAAにも当然含まれていますが、その量は十分な量ではありません。
BCAAなら、安価で十分な量のロイシンを摂取することができます。
最近話題のHMBは、ロイシンの代謝物で、少しの量でロイシンを大量に摂取したことと同じになります。
そのため人気のサプリメントですが、ロイシン以外にもBCAAに含まれる、

  • バリン
  • イソロイシン

もロイシンの作用をサポートする重要なアミノ酸です。
そのためBCAAを摂取するほうがいいように思います。

BCAAとEAAはどう使い分けたらいいのか?
筋肉をつけるためにはトレーニングはもちろんですが、それ以上に重要なのが栄養です。トレーニングは筋肉に刺激を与えて、体に「筋肉を作らないといけない」と筋肉合成を促す役割があります。しかし、いくら筋肉合成をしようと思っても、筋肉を作る...

マルトデキストリンの役割

マルトデキストリンは、炭水化物を分解したものです。

  • 血糖値を上げてインスリンを分泌させる

事ができます。
インスリンが分泌されることで、筋肉にアミノ酸を取り込みやすくなりますので、マルトデキストリンを入れてもいいですし、EAAは不味いので100%果汁ジュースに混ぜて飲んでもいいでしょう。
割安なのはマルトデキストリンです。

私が使っているマルトデキストリンはこちら
スポンサーリンク

筋肉のエネルギーも供給する

これをトレーニング30分前から飲み始め、トレーニング中も飲み続けます。
トレーニング中は筋肉もエネルギーを消費します。
筋肉のエネルギーが減ってくると、筋肉を分解することになります。
BCAAやマルトデキストリンは筋肉のエネルギーにもなりますので、その分解を防いでくれます。

スポンサーリンク

プロテインは血中アミノ酸濃度を高い状態で維持する

このように

  • 筋肉合成ができるようにする
  • 筋肉の分解を防ぐようにする
  • 筋肉にアミノ酸を運びやすいようにする

このような状態ができて、筋肉の材料のEAAの能力を発揮することができるようになります。
トレーニング直後は、全身に血液が回って胃に血液が集まりにくい状態です。
消化がしにくい状態です。
そのため

  • トレーニング後30~45分くらいしてからプロテインを飲む

ようにします。
プロテインは、EAAと違ってゆっくりと消化吸収されていきます。

  • 長い時間血中アミノ酸濃度を高い状態

にしてくれます。
トレーニング後24~48時間は筋タンパク合成の高い状態が続きます。
プロテインによって、長時間血中アミノ酸濃度の高い状態にしておくことで、筋肥大しやすくすることができます。

私が使っているプロテインはこちら
スポンサーリンク

EAAは高価なサプリメント

EAAだけでなくプロテインやBCAA、マルトデキストリンを上手に使って、効率よく筋肥大をさせていくといいでしょう。
EAAは高価なサプリメントです。
それをムダにすることなく、効率よく筋肥大をさせるために、ぜひ参考にしてみてください。

EAAにトリプトファンのない商品があるのはなぜか?
筋肉をつけていく上で重要で欠かせないサプリメントの一つのEAA。プロテインよりも消化に負担がかからず、吸収が速いのがメリットです。EAAは必須アミノ酸のことで、必須アミノ酸はトリプトファンリジンメチオニンフェニルアラニント...
EAAにマルトデキストリンを混ぜるメリットとは?
バルクアップのためにプロテインやEAAを摂取している人は多いと思います。しかし、プロテインや高価なEAAを飲んでいるけど、体が大きくなっていかない人も多いのではないでしょうか?せっかく高いお金を払って購入して飲んでいるのですから、...
EAAの摂取タイミングは?筋トレ前後だけではないおすすめのタイミングとは?
筋肥大を目指す方にとって、サプリメントは無くてはならない存在です。ある意味筋肥大にはサプリメントがないと、トレーニングと食事で、とてつもない努力が必要になってしまいます。サプリメントがあることで、筋トレの成果が出やすくなっていると...

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら


タイトルとURLをコピーしました