朝は夜よりも賢い!インプットやアウトプットの仕事に適した時間とは?

頭を使う仕事は、午前中がおすすめです。

  • 決断を下したり、企画書を書いたりするようなアウトプットする時間
  • 頭をあまり使わなくていい単純作業をする時間
  • 記憶する勉強や答えがほしいことを考えるインプットの時間

には、結果が出やすい適切な時間というのがあります。

スポンサーリンク

頭を使う仕事は午前中

アウトプットするような、頭をよく使う仕事をするには、午前中がおすすめです。

午前中は睡眠中に頭の中が整理され、体力も回復していて、最も頭を使う環境やエネルギーが整っている時間となります。

その時間に最も頭を使う作業をすると、パフォーマンスは良くなるでしょう。

午前中に頭を使わない仕事はもったいない

逆にその時間に、単純作業や繰り返し行うような、頭をあまり使わなくていい作業をするのは、非常にもったいないことです。

そのことで体のエネルギーは減っていき、様々な情報が入ってくることで、頭の中がゴチャゴチャとしてきます。

そういう状態で、頭をつかうような仕事をすると、パフォーマンスは落ちてくるでしょう。

仕事の段取りを間違えると、1日で同じ仕事をしても、スピードや質が違ってくるということです。

朝は夜よりも賢い

金儲けの神様と言われる邱永漢さんも

「朝は夜よりも賢い」

とおっしゃっています。

同じ人でも、

  • 午前中は賢い人
  • 夜はそうでない人

になります。

頭が必要な仕事を賢い人に頼む

頭が必要な仕事があって人に頼む時、あなたは、賢い人と、そうでない人、どちらに頼みますか?

当然賢い人に頼むでしょう。

それなら頭が必要な仕事は、午前中に行うのがいいと思いませんか?

私もブログの記事を書くのは、できるだけ午前中の朝に終わらせるようにしています。

午後は頭を使わなくていい作業

そして午後のエネルギーが落ちてきて、入ってくる情報によって頭の中がゴチャゴチャしている時間は、頭を使わなくていい作業がいいでしょう。

お昼ごはんを食べて、眠くなったときに、頭を使う仕事は適しません。

頭を使わなくてもできる、単純な作業や、繰り返し行う作業がおすすめです。

午前中に書いたブログの記事を、ブログに貼り付けて少し編集や装飾をして投稿するのは、主に午後にしています。

記憶が必要になる勉強は寝る前

脳が1日に入ってきた情報を整理するのは、睡眠中です。

そのため寝る前の時間は、記憶が必要になってくる勉強や読書、答えが必要になってくる情報や考えを入れたりする、インプットが適している時間です。

寝る直前に入ってきた情報が、眠っている間に整理されて、記憶に定着しやすくなったり、問題を整理して答えを導いてくれたりします。

夜の時間に読書

私も夜の時間や、寝る前の時間に、読書をしています。

もちろんこのような、理想の時間の使い方をするのが難しい仕事や、環境の人もいるでしょう。

しかしこのような知識を知っておくことで、仕事のパフォーマンスを上げていくことができますね。


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加