ラインスタンプは自作しても売れない?販売して稼ぐための売るコツとは?

スポンサーリンク

スマホのアプリを使うと簡単に作れるようになったラインスタンプ。
販売できるようになった2014年から比べると、莫大な数のスタンプが販売されているようです。

ラインスタンプの本も多く販売されていて、こちらを読むと簡単にラインスタンプを販売できます。

そのため、ラインスタンプを自分で作って販売し、お小遣いを稼ごうと思っても、全く売れないという状況になっています。
売上0円という方がほとんどだそうです。

私も2019年の5月に、イラストの得意な妻に描いてもらって、売ってみることにしました。

  • 5月中旬に1個
  • 6月初旬に1個

作って売ってみました。

超後発組なので、全く売れないかと思ったら、

  • 6月中旬の約1ヶ月の時点でラインスタンプ2個で2000円弱

ほど稼ぐことができました。

「もうラインスタンプは売れない」

といわれる中、私がラインスタンプを売った方法を紹介いたします。

スポンサーリンク

ラインスタンプを売るコツ

私がラインスタンプを売ることができたのは、ある方法を使ったからです。
この方法を使えば、ラインスタンプだけでなく、他の物も売ることができます。

実際オリジナルTシャツも売ることができています。
詳しくはこちらをご覧ください。

ラインスタンプをどのような人に売るかのターゲットを決める

まず重要なのが、

  • ラインスタンプをどのような人に売るか?

を決めることです。

ラインはインターネットで使われるアプリですので、様々な人が使っています。

  • ラインを使っている人全員

をターゲットにするとすれば、作られているラインスタンプすべてがライバルになってしまいます。
それでは、よほどの知名度がなければ売るのは難しいでしょう。

  • 女性

をターゲットにすれば、単純にライバルは半分になります。
それでも、莫大な数のラインスタンプの中で、売ることはできません。

  • 30代の女性でバレーボールをしている

というように絞ってくると、ライバルは少なくなってきます。
このように、

  • 誰にラインスタンプを売るのかを具体的にする

ことで、ライバルが減り、ラインスタンプを売りやすくなります。

私の場合は、

  • あるスポーツの種目をしている子供を持つ親御さん

をターゲットとしたスタンプを作るようにしました。

ラインスタンプを使うときをイメージする

ターゲットが決まったら、その

  • ターゲットとする人がどんなときにラインスタンプを使うか?

をイメージします。

それに合わせたイラストや言葉を入れたものを作っていく必要があります。
私は、スポーツをしている親御さんが、ライングループでどんな会話をしているかを想像し、その言葉とスポーツのイラストが入ったスタンプを作るようにしました。

スタンプ自体は、イラストが上手な妻に描いてもらうようにしました。

ラインスタンプを紹介する媒体を育てる

ターゲットを決めてスタンプを作ったら、それを紹介する媒体を作ることが大切です。
ある意味これが一番重要なところです。
どんな素晴らしいクオリティの高いスタンプでも、それを知らなければ存在しないのと同じことです。

ターゲットとする人が集まる媒体、具体的にはSNSなどがいいでしょう。

  • フェイスブック
  • ツイッター
  • インスタグラム
  • ブログ
  • メールマガジン

などで、ターゲットとする人をできるだけ多く集めるようにしておきます。

私の場合は、

  • フェイスブック

を主に使に使いました。

フェイスブックページにターゲットとする人を集める方法はこちらをご覧ください。

ターゲットが集まる媒体で紹介する

ターゲットとする人が媒体にじゅうぶん集まってきたら、そこでラインスタンプを紹介していきます。
じゅうぶんな数の人が集まっていたら、よほど悪いスタンプでなければ、売れていくでしょう。

1000人に1人買ってもらえればいいのです。
1000人に1人と考えれば、できそうな感じがしませんか?

ターゲットとする人全員に買ってもらわなくてもいいのです。
その中の0.1パーセントの人に買ってもらえればいいのです。

1000人に1人くらいは、作ったスタンプに興味を持って買ってくれる人はいるでしょう。
大事なのは、その

  • 分母を大きくすること

です。
私もこの媒体を育てて、分母を大きくしていたので売ることができました。
媒体にできるだけ多くの人を集めておくようにしましょう。

スポンサーリンク

ラインスタンプは使う人が多くなると広がる

スタンプというのは1個売れて使われると、最低2人は、そのスタンプを知ることになります。
多い人だと10人、100人相手にそのスタンプを使ってくれるかもしれません。
そうすれば、多くの人が作ったスタンプを知るようになります。

これはスタンプが使われたグラフですが、段々と使われている数が増えていることがわかると思います。

1000人に1人買ってくれるようなスタンプであれば、多くの人が使うようになることで、自然と売れていくようになります。
また1度買ってくれた人は、次の新しいスタンプも買ってくれる可能性の高い人です。
できるだけ多くの人に紹介して、たくさん買ってもらえるようにすることが大切です。

ライングループで使われるようなスタンプ

そのため、私は

  • ライングループで使われるようなラインスタンプ

を作っておきました。

そうすれば、1人が多くの人に対して使うようになり、自然と多くの人に広まるようになります。
また、そのライングループは、ターゲットとした人に近い人です。
よって購入される確率は高いでしょう。

スポンサーリンク

ラインスタンプを売って稼ぐために重要なこと

このようにしてラインスタンプを売ってきましたが、重要なのは

  • ターゲットとする人が集まる媒体を育てる

ことです。

もしこれができれば、ラインスタンプは売れていくでしょうし、もし、他のものを売ろうとしたときにも、その媒体を使って売ることができます。
実際に私は同じ方法で他のものも売れています。

ぜひ試してみてください。

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

タイトルとURLをコピーしました