SUZURIで商品がまた売れた!実際に売った方法とは?


自分がデザインしたオリジナルの

  • Tシャツ
  • トートバッグ
  • スマホケース

などを作って販売できるSUZURI。

在庫もなしで、販売の手間もかからず、ノーリスクでオリジナル商品を売ることができます。
他にも同じようなサービスがあります。

  • ClubT
  • Utme

は、同じようなサービスで、私も活用しています。

SUZURIと合わせると、3つのサービスを使っています。
最も売上が多いのがClubTですが、最近SUZURIでも商品が売れました。

SUZURIは、キャンペーンを活用すると売れやすくなります。
今回売れたのも、キャンペーンを活用したからです。
そこで、私が実際にSUZURIで商品を売った方法を紹介いたします。

SUZURIで商品を売る方法

キャンペーンを活用する

今回、私がSUZURIで商品が売れたのは、キャンペーンを利用したからです。
SUZURIでは、年に何回かキャンペーンを行っています。

  • 1000円割引キャンペーン
  • 送料無料キャンペーン

などです。

1000円割引キャンペーンでは、商品が1000円も安くなるのに、利益となるトリブンは減りません。
そのため、商品が売れやすく、しかも、利益がしっかりと取れるありがたいキャンペーンなのです。

今回活用したキャンペーンは

  • 送料無料キャンペーン

でした。

5000円以上(税抜)購入すると、送料が無料になるというものです。
送料は500円なので、1000円割引キャンペーンと比べると、インパクトは小さいのですが、それでも商品が売れました。

公式ツイッターで情報を仕入れる

いつもSUZURIのキャンペーンは短期間です。
必ずチェックして情報は見逃さないようにしましょう。

キャンペーンは事前に

SUZURI公式ツイッター

でつぶやかれます。
常にチェックして、キャンペーンを活用できる状態にしておきます。

SNSで情報発信する

キャンペーンを活用するといっても、キャンペーン中、ただ待っていても商品は売れていきません。

自分の商品が今キャンペーン中ですよ!

と、多くの人に知ってもらう必要があります。

そこで重要になってくるのがSNSです。
私も、

  • ツイッター
  • フェイスブックページ

を使って、キャンペーンだということをお知らせしました。
お知らせして、その日に商品が売れました。

SNSを育てておく

しかし、SUZURIのキャンペーンのときだけ、SNSをに投稿しても、反応は少ないでしょう。
普段からSNSで有益な情報を発信して、SNSでを育てておく必要があります。
SNSを育てる方法はこちら

SUAURIでは、頻繁にセールが開催されて、利益のトリブンそのままで商品の価格が安くなります。ほかの同じようなサービスと比べると、...

普段から有益な情報を発信しておくことで、みている人が反応してくれるようになります。

SUZURIで商品を売るには?

いくらデザインがいい商品でも、その商品の存在を知らなければ、誰も買うことができません。
その商品を知ってもらうために必要なのがSNSなのです。

ClubTで商品が売れると、

人気デザイン

のページで紹介されます。
そこをチェックしていると、よく売れている商品というのは、

  • 有名なブロガー
  • 有名なYouTuber

だったりします。

デザインを見ると

これ売れるの?

と思うようなものもたくさんあります。
しかし、それでも売れているのです。
それは、しっかりとSNSを育てて、多くのファンを持っているからです。

私のSNSはファンといえるような人はいませんが、有益な情報を流していると、それに反応してくれる人がいます。
ファンがいなくても、ちょっと反応してくれる人がいれば、商品は売れていくのです。

SNSを育てるのは、面倒に思うことかもしれませんが、面倒と思っていることは、多くの人が面倒だと思っていることです。
だからこそ、そこを丁寧にやっていくことで、他の人にはできないことができていくのです。
SNSを育てるのは、そこまで面倒なことではありません。
ぜひ、やってみてください。

SUZURIで、これからオリジナルのグッズを作って、販売していこうと考えている人もいるでしょう。オリジナルグッズは簡単に作れます。...
自分が考えたオリジナル商品を、リスク無しで作って売れるSUZURI。多くの人が、お小遣い稼ぎや収入源として、このサービスを利用して...
費用がかからず、売れたら利益がもらえる、ノーリスクでオリジナルグッズが作れるSUZURI。ノーリスクで簡単に始められますので、多く...


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする