貯金が精神安定剤になっていませんか?

貯金が精神安定剤になっていませんか?お金を作り出す無形の財産を作ろう!

貯金が心の安定剤になっている人は、お金を増やすことが難しいです。

貯金があることによって、不安を消そうとする人がいます。

節約して、節約して、1円でも多く貯金が増えるのが楽しみです。

確かにある程度の貯金があると、病気をした時や、急な出費のときには助かります。

しかし、貯金がないことや、貯金が減ることを恐れてしまう人がいます。

ある程度貯金があれば、貯金は減っても困りません。

お金を増やすにはお金を使う必要がある

貯金していても、使わなければ、それはただの数字と紙切れで、なんの役にも立ちません。

お金に執着すると、お金を増やすことができません。

なぜなら、お金を増やすには

  • 何かに挑戦すること
  • 自分に投資すること
  • 人間関係に投資すること

が必要不可欠で、それには、お金を使う必要があるからです。

貯金が精神安定剤になってしまう

ちょっとずつ貯金通帳に数字が増えていくのは、精神安定剤になるかもしれません。

しかし、精神安定剤に頼りすぎると、そこから抜け出せなくなります。

貯金が精神安定剤になってしまうと、貯金がなくなったときや、貯金が減ることに精神を乱されてしまいます。

お金が使えなくなてしまうということです。

貯金を取り崩して

  • 何かに挑戦すること
  • 自分に投資すること
  • 人間関係に投資すること

にお金を使います。

お金を作り出す力が財産となる

お金を生み出す行動を取れるようになり、それが身につくと、それは無形の財産となります。

貯金が減ろうが無くなろうが、いつでもお金が作り出せる力があれば、精神を乱されることがなくなるでしょう。

貯金は無くなったり、盗まれたりすることもあります。

しかし、無形の財産は、無くなることも、盗まれることもありません。

無形の財産は大きなお金を生み出してくれる

貯金をたくさんしていても、利息はわずかなお金です。

無形の財産をたくさん持っていれば、貯金の何万倍ものお金を、生み出してくれることになります。

無形の財産を作るには、短期的には貯金が少ない状態が続くかもしれません。

しかし、その先には貯金より大きなお金を生み出してくれる事になりますね。

知識と経験にお金をつかうことが大きなリターンを生んでくる

  • 子どもの貧乏は親の責任
  • 親の貧乏は子に連鎖する。それを断ち切るには教育しかない

これは、北野武さんのお母さんがよく言っていた言葉だそうです。

つまり、教育が、その人の豊かさを大きく左右するということです。

福沢諭吉の、

  • 生まれてきた時は人は平等だが、学問をしっかりしたか、しなかったかで、その後に差が出てくる

ということですね。

教育にお金がかからなくなってきた

貯金したらダメです!知識と経験にお金をつかうことが大きなリターンを生んでくる北野武さんのお母さんは、教育熱心なことで有名です。

  • 飯にお金をかけるなら参考書を買う

という考えです。

長い目で人生を考えると、教育は、すぐにはリターンが得られませんが、長い時間をかけて、その期間に大きな利息がついて返ってきます。

しかも、今であれば、勉強するのにお金はかかりません。

インターネットで、いくらでも知りたいことは勉強できます。

スタディサプリなどを使えばレベルの高い塾講師の授業も月々1000円ほどで受けられます。

アマゾンの本も読み放題サービスもありますし、オーディブルなら本も聴き放題です。

そのため、勉強する人は、大量の勉強ができます。

しかし、勉強しない人は、そのような環境があったとしても、全く勉強をしません。

今まで以上に差が開いていくのは、容易に想像ができるでしょう。

勉強しているのが当たり前になっている

勉強にお金がかからなくなった今、勉強をしっかりしているのが、当たり前になっています。

そこから、差をつけるには、さまざまな経験をすることが重要でしょう。

人が、あまりしないような極端な経験が、能力を伸ばしていくことにもなります。

貯金も大事かもしれませんが、子どもに、さまざまな経験をさせることにお金をつかうのは、さらに大事です。

  • 貯金は、経験や体験に投資をする機会を失っている

ということですね。

20代の自己投資の金額とは?

それなら全額自分に投資することです。

取れるリスクをすべて使って、自己投資をしていきます。

3万円あれば、20冊本が買えます。

本を買って、その内容を実践すれば、仕事での成果が上がって、収入は増えていくことになります。

成功している人と食事に行ってもいいでしょう。

3万円食事代に払ったとしても、その成功者の話は、後に何倍ものお金を、生み出すことになるかもしれません。

若い時に投資した利回りは大きくなる

収入が増えていったら、起業のための目的のある貯蓄をしていくことです。

しっかり自分に投資している人は、今度は投資される人になることでしょう。

若いときは、その先の回収期間が長くなります。

投資は運用期間が長いほど、回収できるお金は大きくなっていきます。

そのため若い時に自分に投資した利回りは、莫大な数字になるでしょう。

これが60歳から自分に投資し始めたとしても、もう回収期間はほとんど残っていません。

利回りも、少ないものになるでしょう。

20代の投資すべきところは勉強

そうはいっても、自己投資は何歳になってもするべきです。

特に時代の変化が速くなっている今、自己投資していないと、あっという間に取り残されていくことになります。

現状維持でいいと思っていたら、周りは速く進んでいますので、後退していることになります。

周りの速いスピードについていって、やっと現状維持です。

それよりも速いスピードで進化するには、しっかりとした自己投資と行動でしょう。

自己投資は、自分が行動しないと、それは金融商品が紙くずになるのと同じことです。

投資した分を回収するには、必ず行動が必要です。

勉強だけでは、無駄に終わってしまいます。

若いときこそ、そして何歳になっても、積極的に自己投資して、行動でそれを回収していきたいですね。

勉強は元本保証された投資先

では、元本保証され、リターンの大きい、都合のいい投資商品はないのか?

実は、それがあるのです。

それは、

  • 勉強

です。

  • 読書
  • セミナー
  • 習い事

これらで勉強したことは、自分の中から無くなることはありません。

元本保証されています。

また、リターンは非常に大きなものになります。

例えば、

  • 新築の区分ワンルームマンションの投資

は、ちょっとした不動産投資の本やセミナーで勉強している人であれば、まずやらない投資です。

なぜなら、儲かるどころか、損することが多い投資だからです。

しかし、勉強をせずに、営業マンの話だけを信じて投資してしまうと、そのような投資をすることになります。

数千円から数万円で数百万円のリターン

もし、数千円か数万円の本やセミナーに投資していれば、そのような投資は見向きもしなかったでしょう。

これで数百万円のリターンを得たことになります。

セミナーや習い事の金額だけを見て、高いという人がいますが、先生が人生をかけて学んできたことを教えていただけるのですから、決してそんなことはないでしょう。

また、その学んだ事によって

  • 大きな損失を防いでくれたり
  • 大きな利益を生んでくれたり

するのですから、そのリターンを考えると、その金額が高いとは言えないでしょう。

はおすすめですね。


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする