天才と呼ばれる人の特徴や共通点とは?

天才と呼ばれる人の特徴や共通点とは?スーパーマリオが今年で30週年を迎えたそうです。

スーパーマリオなどのゲームで、天才的に上手い人っていましたよね?

色々な知識を持っていて、様々なテクニックを使って、驚くような技で、あっという間にゲームをクリアしていきます。

そんな天才的な子供に共通することがあります。

それは、長時間集中してゲームをしていることです。

集中して、毎日何時間もゲームをします。

ゲームも何時間も楽しめるように、裏技が隠されていたり、少しずつクリア出来て、何度も成功体験ができるようになっていたりしています。

脳の中では、その度に快楽ホルモンのドーパミンが分泌されていることでしょう。

例えが悪いかもしれませんが、これが、天才になるポイントです。

凡人と天才の差を生み出しているもの

凡人と天才の差を生み出しているもの、それは才能の差ではなく、努力の差です。

  • 1万時間の法則

というものがあります。

突出した功績を残している天才と呼ばれるような人に共通することは、1万時間それに打ち込んできたこと、というものです。

詳しいいことは天才! 成功する人々の法則という本に出ています。

天才と呼ばれる人が、才能で天才になったのではなく、努力によって天才と呼ばれるようになったことがよくわかります。

1万時間、ある分野で努力することで、量から質への変化があります。

何かを覚えたり習得したりするときに、脳には、その動き特有の電気が流れます。

しかし、初めのうちは、うまく電気が流れなかったり、違う場所に電気が流れてしまったりします。

諦めずに、何回か成功させるうちに、電気が正確に、速く流れるようになります。

その正確さと速さが、量から質への変化へと変わっていきます。

これは、天才と呼ばれる人の脳でも、そうでない人の脳でも、誰の脳でも同じように起こることです。

しかし、多くの人は、電気が正確に速く流れるようになる前に諦めて辞めてしまいます。

努力を続けられる人

では、努力を続けられる人とそうでない人との違いは何でしょうか?

それは、自分にはそれができると思っている、セルフイメージの高さです。

それができないと思っている人にはできませんし、できることはありません。

できると思っている人は、いつかは自分はそれができると思っているから、いつまでもそれを続けることができます。

そんなセルフイメージを高く持っている人に共通することは、それまでに、多くの成功体験を積んでいることが多いと思います。

それができないと思っている人は、それまでに、成功体験が少ないので、自分はできないだろうと思ってしまいます。

しかし、これは、すごく重要な事なのですが、できないと思っている人も、実は、たくさんの成功体験をしているのに、ただ成功体験にしていないだけなのです。

  • 何かに成功した

と感じるとき、それは、目標を達成した時ではないでしょうか?

成功する人は目標を持っている人

常に、何かに目標を持っている人は、成功体験が増えていきます。

しかし、同じことをしているのに、目標を持っていない人は、それが成功したと感じることはありません。

成功は目標から生まれます。

目標がないと成功がありません。

その目標があるかないかで、その人のセルフイメージに大きく影響します。

目標があるから、集中できます。

集中していて楽しいから、周りから見いていてものすごい努力が、本人には努力とは感じません。

集中しているから、時間があっという間に過ぎます。

集中していると、自分が思っている以上に、周りでは時間が過ぎています。

だから、目標を持って、何かに夢中になっている人は、周りの人より若くなります。

才能は誰にでもあります。

それを開花させる努力時間が足らないだけですね。

天才的な脳を最短距離で作り上げる方法はこちら

天才と呼ばれる達人たちは、どのように作られたのかを、科学的に解説した本はこちら

[work]


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする