空手の突きを強く速くするチューブトレーニングとは?

空手の突きを強くするために必要な筋肉はたくさんあります。
脚で強く蹴って突きを出しますので、脚の筋肉が必要です。
突いた瞬間の衝撃に負けないために大胸筋と三角筋が必要です。
体がぶれない体幹の腹筋と背筋も必要でしょう。
このように全身の筋肉が必要になります。
ウエイトトレーニングでこれらの筋肉がつけられます。
ところが、エクササイズ用のゴムチューブを使うことで、効率よく突きに必要な筋肉をつけらる筋肉があります。
その筋肉はローテーターカフです。
肩甲骨の周辺の4つの筋肉の総称です。
この筋肉は、腕を動かすために必要な筋肉で、突きの威力に大きな影響を与えています。
そこで空手をしている人にオススメのチューブトレーニングを紹介いたします。

空手の突きを強くする筋肉ローテーターカフのチューブトレーニング

腕を動かす筋肉といえば、上腕二頭筋や三頭筋をイメージします。
しかしそれらの筋肉は前腕を動かす筋肉で、肘を曲げたり伸ばしたりするときに使います。
そのため、突きにはそれほど大きな影響を与えるわけではありません。
腕自体を動かすのは、三角筋やローテーターカフです。
突きの威力に大きく関係していきます。
そこでローテーターカフのチューブトレーニングを紹介いいたします。

エクスターナルローテーション

  1. ゴムチューブを肘の高さで柱やドアなどに固定します。
  2. 上腕を真下に下ろし、前腕を直角に曲げます。
  3. 掌を内側に向けてチューブを持ちます。
  4. 肘を固定したまま、水平に前腕を体の外側に動かしていきます。

インターナルローテーション

エクスターナルローテーションと反対の動きになります。
これらの2つのトレーニングは、ダベンチに寝転がってダンベルでトレーニングすることもできます。
しかし、負荷が逃げやすいので、ゴムチューブを使って行うほうがオススメなのです。

空手の突きの動きを使ったトレーニング

ローテーターカフのトレーニング以外に、実際の突きの動きを使ったチューブトレーニングも効果的です。

ゴムチューブのいいところは、どんな方向にも負荷がかけられるところです。
ダンベルは垂直方向への負荷しかかけられません。
このような突きの動きに負荷をかけるなら、ゴムチューブが最適でしょう。
実際の動きに負荷をかけますので、突きに必要な筋肉を鍛えることができます。
突きを強くしたり速くしたりするために、オススメのトレーニングです。
ぜひお試しください。
トレーニングチューブを購入するならこちらがオススメ
空手の有益な情報はこちら

空手の試し割りとして瓦割りがあります。 板割りバット折ブロック割 などと比べると、難易度が低い試し割りです。そのため...
8月6日の城辺夏まつりで、初めて試割りでコンクリートブロック割りをしました。 そこで、これから初めてコンクリートブロック割をする人、やって...
夏祭りで、私が所属するフルコンタクト空手の演武がありました。 去年は、肘でのブロック割りでした。 今年は、回し蹴りによるバッ...


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする