音声や動画も可能に!4年後にデジタル教科書導入

音声や動画も可能に!4年後にデジタル教科書導入デジタル教科書の導入が少し遅いのでは?と思っています。

毎朝、子どもたちが、重たいランドセルを背負って、学校に行っています。

電子書籍が普及してきているので、そろそろ教科書もデジタル化するのでは?

と思っていました。

タブレット端末などを使って動画や音声も活用しながら子どもたちが学ぶことができる「デジタル教科書」について、文部科学省の有識者会議は4年後をめどに全国の小中学校と高校の教育現場に導入する方針を固めました。
デジタル教科書は、通常、紙の教科書で教えている内容を、タブレット端末などを使って教えるもので、動画や音声を使うことで英語のヒアリングなどで学習の幅が広がるほか、文字や図を大きく表示する機能があることなどから障害のある子どもなどに細かい配慮ができるといったメリットがあります。
スポンサーリンク

丈夫なランドセルは必要なくなるかもしれません

実現されれば、教科書はタブレットに収まりますので、荷物が軽くなり、通学も楽になります。

もしかすると、丈夫なランドセルは必要なくなるかもしれません。

また、デジタル化されれば、そこに収まるデータ量は、今までの紙の媒体とは比べ物にならない量が入りますし、音声や動画などの紙の媒体ではできないことも可能になります。

「『書く力』や『考える力』の充実には従来の紙の教科書も必要だ」という意見もあることなどから、当面は紙の教科書とデジタル教科書を併用し、部分的にデジタル教科書だけを使った教科の履修も認めるということです。

NHK NEWS WEBより引用

とありますが、書く力や考える力をつけるのに、紙の教科書って本当に関係あるの?

と思ってしまいます。

しかも、導入のめどは4年後だそうです。

スピードがあまりにも遅すぎるような気もしますが・・・。

早く実現するといいですね。


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加