読書の時間が足りない原因とは?

読書の時間を確保するには、読書の優先順位を上げて読書をすることです。

「仕事が忙しくて本が読めない」と思っている人は多いと思います。

多くの人が一生懸命、朝から夜まで働いています。

そのため本を読めないでいます。

「本を読む時間を作りたい」と思っているでしょう。

それであれば、本を読む時間もないほど働いていけません。

読書の時間を確保して仕事をすることです。

読書の優先順位が低い

実は「~をする時間がない」ということはありません。

「何を優先しているか?」で、その時間が作られます。

本を読むより仕事を優先しているために、仕事をする時間があるのに読書する時間がなくなります。

食事や睡眠をする時間があるのは、仕事より食事や睡眠を優先しているからです。

読書の時間を作るには、読書の優先順位を上げるしかありません。

限られた時間で必要な時間を確保するには、必要なことの優先順位を上げるしかないのです。

テレビの時間が優先順位の上の方になっていませんか?

ゴロゴロする時間が優先順位の上の方になっていませんか?

読書が新しい時間を作り出す

仕事の本を読めば、仕事の時間短縮ができます。

本には、著者が何年もかけて研究してきたことや、経験してきたことが書かれていて、それを数時間で学ぶことができます。

その知識を得ることで、仕事だけでなく。お金のことや、家族のこと、人間関係のことでの時間短縮ができるわけです。

仕事の時間を短縮できれば自由な時間が増えます。

自由な時間を読書の時間にして、さらに仕事やその他の時間を短縮して、質を上げることができます。

生産性が上がり、時間あたりの給料も上がるでしょう。

よく言われるのが「本を読む時間がないのではなく、本を読まないから時間がない」ということです。

読書の優先順位を上げていくことが大切ですね。

社長のための時間の使い方を学びたいならこちらがおすすめ


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする