1日2回しかプロテインを飲めないとしたら?プロテインを効果的で最小限の摂取にする飲み方とは?

1日2回しかプロテインが飲めないとしたら、どのタイミングで飲みますか?

筋肉を成長させていくためには、多めのタンパク質の摂取が必要になります。

しかし、食事だけでは十分なタンパク質の摂取は難しいです。

そこで利用するのがプロテインになります。

多くのスポーツ選手やボディビルダーの方をはじめ、体型維持や肉体改造のために使っている人もいるでしょう。

スポンサーリンク

低価格だが節約はしたい

プロテインは、食事でたんぱく質を摂取するより、低価格で多くのタンパク質を摂取することができます。

しかし、なかなか経済的に厳しくて、ガンガン飲んでいくのが厳しい人もいらっしゃいます。

1日何杯も飲めれば、筋肥大のスピードは上がるでしょうが、2杯くらいしか飲めない人もいらっしゃるでしょう。

1日2回しかプロテインを飲めないとしたら?

では、1日2回しかプロテインを飲めないとしたら、どのタイミングで飲めば、一番効果的なのでしょうか?

筋肥大を目的とした場合の実験があります。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17095924

英語ですが、トレーニングしている人を2グループに分け、朝と夜に摂取したグループと、トレーニング前後に摂取したグループに分けて実験しました。

すると、トレーニング前後に摂取したグループのほうが筋力が増え、筋肥大したという結果が得られています。

効果的で最小限の摂取にしたい

プロテインを摂取するタイミングで効果的とされるのは、

  • 朝起きたとき
  • 食間
  • トレーニング前後
  • 寝る前

などといわれています。

当然、全てのタイミングでプロテインが飲めればいいでしょう。

しかし経済的なことや、プロテインのとりすぎによるデメリットなどを考えると、やはり効果的なタイミングで、最小限の摂取に抑えたいものです。

血中のアミノ酸濃度を高くする

筋肥大のためには、血中のアミノ酸濃度を高くする必要があります。

プロテインを摂取するときには、もったいないからといって少量の摂取では、血中のアミノ酸濃度が上がらずに、効果が期待できません。

ケチケチして飲むと、逆にプロテインの効果を得られずに、無駄になってしまうということです。

最低20グラムは摂取したい

摂取する時には、最低たんぱく質を20グラム以上は摂取しておきたいものです。

「一度に20グラム以上のたんぱく質は、体が吸収できないから無駄になる」

といわれていたこともありましたが、それ以上吸収できることは、実験などでわかっています。

そのため、一度にしっかりとプロテインを摂取する方がいいでしょう。

人気の高い割安のプロテイン

プロテインにあまりお金がかけられないという人には

  • 摂取のタイミングをトレーニング前後だけにする
  • 安いプロテインで1度の摂取量を多くする

という方法が良いでしょう。

が人気の高い割安なプロテインとなっています。

海外のプロテインを購入してみた

私も今回、海外のプロテインを購入してみました。

入れ物がアルミの袋ではなく、プラスチックの入れ物で、しかも大きいので結構場所を取ります。

味などは全く問題なく割安なので、お金のことを気にせず飲んでいきたいと思います。

みなさんもぜひ、試してみてください。


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加